映像を見る
最新情報

New!
■リリース情報■

いとうせいこう
&POMERANIANS≡

album「カザアナ」
2008.05.21.Release!!

ASCM6022 10曲入2500円

ジャパニーズ・ダブ・バンドの金字塔、降臨。 2008年、猛暑に贈るクールでNICE!!なベストトラック集
----------------
いとうせいこう&POMERANIANS≡
いとうせいこうとPOMERANIANSが発信するDOPEなトラックをDub Master XがMIX。かせきさいだぁ≡、拝郷メイコ、辻 香織をゲストミュージシャンに迎えた全10曲。

New!
■LIVE情報■

06/06/FRI 梅田Shangri-La

06/27/FRI 代官山UNIT


CDを買う
どもザッキーです。
名古屋アポロシアター、楽しかったよ。
いいイベントでした。この場を借りてほんと呼んでいただいてありがとうございます。またどぞよろしゅう。

でもってSETLIST。

2007.09.27.at名古屋アポロシアター
------------------------------------
01.始まりはここから
02.Swingin'Easy!
---MC---
03.イタズラなあの子
04.R&R STAR
06.夜明けまで
07.かさどろぼう
08.ハナレバナレ



とまぁ懐かしの曲&いつものヤツ。
この日はオルアバもスクービーもマイスもいい感じ。
ほんとね、久々にいいイベントでした。純粋に楽しい。

アポロシアターの前に、超ウマいひつまぶし屋があるんだけど、この日は皆で高いけど絶対行こう!!と盛り上がってたのだが、着いてみたら定休日。店のシャッター降りてて一瞬車内がドンヨリしました。

でもって光由が「きっと近くに移転したんじゃない?ウマすぎて。」ってなわけないだろ!!今日は閉まってんだっての。どんだけポジティブなんだよ!!部長もそういう脳に生まれたかったものです。

ライブ終了後はいつものようにそのまま帰路へ。
さすがに日帰り名古屋はキツイ。今日は渋谷屋根裏で大仏DJだったのだが、全然体が動かん。結局ちょっと遅刻して会場へ。

大仏次男のしゅん君に「今日何もしなくていい?」なんて弱気な発言なぞしてましたが、出番が最後だったPLATONのLIVEを見たら、なんだか元気になってきて、CLOSEしてもずっとDJしてた。

最近PLATONはほんといい。
いつからあんな感動を呼ぶBANDになったんだろ。
だからずっと胸が熱くなるような選曲を僕としゅん君でやってた。やっぱ楽しいね、DJ。

さっき帰ってきたんだけど、なにやら着信が。
珍しくアロウズの山内君から。
「下北で呑んでるんだけど、友達居なくてさぁ…」だって。
なのでいまからちょっと行って来ま〜す!!

明日はQueで東京☆JAPの1周年!!!!!
もうね、全員入れるから祝いに来て!!!!
そんな大きな気分。東京☆JAPよろしく!!

どもザッキーです。
先日NETでこんなもの見つけた。
070926_1.jpg

おおひなたごうの傑作漫画らしい。
大きな声では言えないが、ちょっと苦手な漫画家。
しかしながらこの表紙をNETで見た瞬間、ググって即行アマゾンで買った。ていうか明らかにバカにされてるよな、河原崎。

この表紙の河原崎の文字を見る度に胸がドキドキするのは何故だ。はっきり言って他人事じゃない。「わぁ!!自分の苗字がタイトルになってる!!」とかそんな生やさしい感情ではない事は明らかだ。

もうこの漫画の中で「河原崎」がどういう扱いを受けているのか確認せずにはいられない。こんなの黙認出来るわけがない。

恐らく主人公の河原崎が、なとんでもない行動、変態的なポーズ、常軌を逸した発言でもって周囲を困惑させているのは明白だ。この表紙からそんな匂いがプンプンしている。しかも作者はあのおおひなたごうだ。きっと最悪な仕上がりに違いない。

もう居ても立ってもいられなくなり、
購入ボタンを押してしまったわけである。

それが今日の朝、届いた。
まだ中身は確認していない。

明日の名古屋の道中でそのこき下ろしっぷりを見たいと思う。
でもってまたおおひなたごうを嫌いになりたいと思う。

明日、名古屋に来られる方、
部長の機嫌が悪かったらごめんなさい。
悪いのはおおひなたごうであるとだけ伝えておく。
 
 
どもザッキーです。
今日はせいこうさんのライフワーク、スライドショーに行って来ました。
待ちに待ったスライドショー。もう楽しみで仕方ありません。

オール新ネタ&MJのエンジンが止まらない2時間半という超豪華版。
毎度カッコイイISプロデュースのオープニングに始まり、「組閣はどうよ?」「ハニカミ王子はどうよ?」などの時事ネタに、MJがある事ない事言ってておもろかった。時代は縄文らしいです。

でもって肝心のスライドは前回以上のクオリティで、個人的にはツボまくり。ほんとにMJの引き出しはデカイです。よくもまぁ小学生級の発想やらするどい視点やらで飽きさせないあのパワー。くだらなさ過ぎ。因みにMJは今、KKC(かかし)にお熱なようでした。きっと「KKC」って言いたいだけ。

またせいこうさんの差し引き加減が今日はほんと面白かった。笑いっぱなし。

終盤のメインディッシュには「アウトドア般若心経:完全版」を披露。
これが圧倒的な説得力。ほんと徳がありそうだ。笑った。

ほんとに短く感じた今回のスライドショー。
2時間半があっと言う間だった。

しかも今回は全国ツアーで、このあと名古屋、福岡、札幌、大阪と回る予定らしいが、毎回内容が違うと言うから凄すぎる。今日で出し尽くしたんじゃなかろうかと心配になる程のクオリティでした。

その後、楽屋でちょろっと挨拶させてもらい帰路に着きました。
いやぁいいもの見た。やっぱあの二人、凄いなと思い知らされた。

写真は郷土愛2004の公式マスコット「郷土LOVEちゃん」
070925_1.jpg

今回のいやげものは三浦断崖絵師作の似顔絵皿でした。
各会場で絵柄が違うそうな。東京は泉麻人さんの似顔絵。
070925_2.jpg

これ、やっぱ飾るべきか?
それとも毎朝玉子焼きとか乗せるべきか?
毎度イヤじゃないけど、困ります。
 
 
どもザッキーです。
日曜はデザイナーヒロキとシュウヘイ監督と三人で、
ヱヴァを見てきた。

この二人とは東京に出てきてからの知り合いなのだが、10年前、部長の大阪時代、ちょうど当時の劇場版の公開に合わせて開催されたクラブイベント「エヴァナイト」「THE END OF エヴァナイト」で実は遭遇している。

当時やっていたBAND、PORKPIEのドラマー(初代ポメドラマーにしてポメの名付け親)藤田氏が中心になり、大阪のclubDOWN(現NOON)で開催されたこのイベント。

海洋堂やらコスプレイヤーなどを巻き込んで映像&DJ&バンド演奏(各バンドがエヴァの曲をカヴァー)をするといった内容。またその日のコスプレ大賞を選び、優勝者には友人のモデラーが作った第3使徒サキエルの特製トロフィーが授与された。

また海洋堂さんから等身大の初号機が会場に持ち込まれたりグッズが販売されたり、フロアのミラーボールには量産機が9体設置され、劇場版25話「Air」の2号機を見下ろす登場シーンのようにイベント中ずっと上を回っているといった演出もあった。

部長はそのホストBANDで鍵盤&何故か碇ゲンドウを担当。因みに元セロファンの鍵盤ワッキーも鍵盤&日向マコト(NERVのメガネ)を担当。イベントのラストはアスカのコスプレをしたVoが歌う「残酷な天使のテーゼ」に合わせて、フロアは大合唱、クラブなんて来たことがなさそうな人達が次々にダイブするという、今までに見たこともない光景がそこにはあった。

写真も残っているが、今見たら恥ずかしすぎて無理。

そんなイベントにお客さんとして来ていたヒロキとシュウヘイ。
ここ最近エヴァの話をした際に発覚した事実である。

そんな当時からエヴァっ子だった3人。
「話一緒なんでしょ?」
「セルも使い回しなんでしょ?」
「でもカヲル君出てくるらしいよ」
とそんな期待しないで挑んだ映画鑑賞でした。

映画見終わって。
「やばい、カッコよすぎだわ」
「俺、NERVで働きたい」
「なに?あの動き」

またも完全にハメられた30代の男3人。
なんで今さらなんて言ってたのに…。
ただただカッコイイ。凄かった。
またあと3作品、見なきゃダメだな。

しかし宇多田はヱヴァも大友克洋のFREEDOMも主題歌て。
いち早く新作が見れてうらやましい限りです。
 
 
どもザッキーです。
実家から帰ってきました。

大切なお知らせを見て、驚いた方も多いと思います。コメントを下さった方やコメントはしてないけど何かしら思って下さった皆さんには、いろんな意味で本当に感謝の気持ちでいっぱいです。まぁこの件で僕らが感じているのは文面に書いたとおりですので、そちらを見て汲み取って頂けたら幸いです。状況はどうあれ僕らは進んで行くので今後ともよろしくです。まぁ湿っぽいのもなんなんで、またくだらない駄文なんぞこちらに書かせてもらいます。

さて、部長弾き語りに便乗した形で今回は帰省いたしました。18日は10年ぶりくらいの大阪ミューズ、感じてたより広くてちょっと緊張しましたよ。
070920_02.jpg

大阪に住んでいた頃は何度か足を運んだ事のあるこの箱。
久々に足を運んでみて「あれぇたしかこの辺だったよな…」とか、ものっそい古い記憶を頼りに行ってまいりました。セットリストは以下の通り。

2007.09.18.大阪MUSE 部長弾き語り
---------------------------
01.流れる星のように
02.手紙
03.トンネル抜けて(ボガンボス)
04.ヤセタンとコロンタン(のこいのこ)
05.僕の好きな言葉
06.いつか越えて


共演者の方々は初めての方ばかりで挑んだ、完全アウェーな単身赴任だった部長弾き語り。数少ない自分のヒット曲(ヒットしてないけど)は自宅にお留守番させて、人のヒット曲を2曲歌わせてもらいました。

言わずとしれたボガンボスのトンネル抜けて。たかし君や今野さんも歌ってるから部長が歌うのってどうなのとか思ってあまり歌わなかったこの曲。この日は久々に魂込めて歌えて満足。

あとパタパタママやオノデンでお馴染みの、のこいのこさんの名曲、ヤセタンとコロンタン。これは部長が幼い頃に親が作ってくれたTVとか録音してあるカセットに入ってた動揺。「ホフディランもカヴァーしてる曲です。」ってMCで言ったんだけど、そのアルバム10月17日発売でした。先取り過ぎた。でもとても可愛くて泣ける曲なので、機会があれば是非!!!!


あと出演者PASSがフルネームで書かれてた。
070920_03.jpg

まぁ特に部長の一人ユニット名とかで出演したわけじゃないから当然なんだけど。
軽く演歌っぽいよね。商店街とか回るかね。

久々に一人でのんびり歌えて気持ちよかったです。
またこういうの出来たらやりたいなぁ。誰か呼んで。

あと「ほんと大阪人って…」って一枚。
070920_05.jpg
某商店街の中のゲーセンで発見。
よい子はマネしないように。

後の日は比較的ゆっくりしてきた。
4日間、ずっとウマいもの尽くし…。

あとは久々のプライベート写真館。

ひこニャンに会ってきた。
070920_01.jpg

部長は琵琶湖で何を想う。
070920_04.jpg

琵琶湖の夕焼けはキレイでした。
070920_00.jpg

そんな帰省の旅。
 
 
どもザッキーです。
昨日はアコーディオンと鉄琴を紹介しましたが、今日の朝宅急便で起こされて扉を開けたら心待ちにしてたもう一つのニューアイテム、鍵盤リコーダーが届きました!!

こんなやつ。名前はSUZUKIのアンデス
070916_1.jpg

ちょっと見せれない表情だったのでR-18でヨロシクです。
後ろの赤丸は大人計画フェス時の平岩紙ちゃんの生写真。家宝。

それはそうとこの鍵盤リコーダー、アンデス。
ずっと絶版になってた80年代の楽器だそうですが、LOVES、LOVERSで共演したキンカちゃんが栗コーダーカルテットのライブで見て、えらく気に入ったと話してて部長も気になってた楽器。ピタゴラスイッチのテーマとか、帝国のマーチなんかで聴ける気の抜けたゆるさ満天のリコーダーの音がこのアンデスだそうです。

NETで調べたら9月に復刻という記事を見つけて、早速注文していたのですが発売から12日遅れてようやく我家に到着。

でもって吹いてみた。
確かに、ピッチが激ゆる!!息の吹き込み方次第で何とでもなるところは、昔学校で吹いたリコーダーと同じ。しかもこの楽器の何がスゴイってリコーダーなのに和音が出せるってこと。ただし和音の構成や息の使い方によってはキレイな響きにならないところがあるので、2和音くらいがちょうどいい感じ。あと白鍵に比べ黒鍵のタッチ感がやや重いので、装飾音符がちょっとムズいです。

とりあえず「ぴっぴろ誰〜かが〜♪」とか「グリーングリーン」とかソウルセットの「Jr.」のイントロとか吹いて遊んだ。楽しい♪

今のポメだと飛び道具的な使い方しか出来なさそうですが、このアンデスがメインな曲も早速作りたいなと思います。

なんだか昨夜の悪戦苦闘ぶりとはうって変わり、このアンデスはピアニカとほぼ同じ感覚で吹けるので饒舌な部長なのである。みんな買うなら今だよ!!


追伸:明日から実家へ帰ります。
またちょっと更新出来なくてすみません。
戻りは20日の予定です。では行ってきます。
 
 
どもザッキーです。

何か新しい風みたいなものが欲しくてたまらない。

最近そんなムードで、いろいろ悶絶してました。
お久しぶりです。皆様お元気でしょうか?

部長はというと最近アコーディオンと、鉄琴を購入いたしまして日々ちょっとずつ練習しています。
070915_1.jpg

アコーディオン。
昔挑戦した時はこんなの弾けるか!!バカ!!と投げ出してしまいましたが、ピアニカをずっと吹いていたのもあって鍵盤が縦になってるのにも馴れているせいか、意外と大丈夫でした。馴れってすごい。
しかしながらこのアコーディオンは鍵盤の大きさが今までに無い幅で、鍵盤を常に見てないとミストーンが頻発。そこだけちょっと苦労しています。こちらは早々とLIVEで登場できそう。部長Zydeco化計画です。

打って変わって鉄琴。
これはプレートの配列も鍵盤と同じ。しかも横になってるので楽勝だろうと思ってましたが、意外と難しい。いわばPCで文章をカタカタ打てる人に「人差し指だけで入力よろ。」と言っているようなもんで、全然思うように叩けない。

とりあえずAmでルパン三世のテーマを弾くところから始めているのだが、あんなエレガントに叩けないっす!!JAZZの人ってやっぱスゴイわ。指が10本ともマレット(バチ)になったら全然余裕で弾けるんだろうけど…。

ルパンで思い出したが、部長の周りの管楽器吹きはきまって「ルパン三世のテーマのコピーから始めた」とか言うので面白い。やっぱ部長の世代はルパンだね。今の若い子みたくスカコアとかから管楽器始めたって人はあんまいない。

それにしても鉄琴、敷居高過ぎ!!
運指?運手?運腕?とかってあるのかなぁ?

だれか鉄琴弾ける人、レクチャーして下さい。
このままだと部長MJQ化計画が頓挫しますので…。
 
 
どもザッキーです。
昨夜は結局二時間しか寝れずフラフラでございます。

大仏ミーティン♪とかいって、ちゃんと話してたのちょっとだけだし。まぁそんなのいつもの事なんだけど。久々に大仏三男のヨッシーに会えて、なんだか楽しかったです。ほんとは超眠いはずなんだけど全然眠くない。

気が付けばもうすぐ部長の弾き語り。
ひっさびさの一人舞台でなんだか楽しみであります。
今から何をやろうか考え中。お楽しみに。
出番は真ん中くらいみたい。お早めにどうぞ。

それはそうと最近部長が飯を食おうとした瞬間に雨が降るので厄介だ。部長の上空で雷様が「ぷぷぷっ困ってる困ってる♪」とか思っているかと思うと、なんとも腹立たしい。先日なんかしぶしぶ傘を買って、飯食って外でたら雨が止んでいてかなり凹んだ。その日買った傘、使用時間たったの3分。こんなに雨ネタを引っ張っている自分もまたむなしい限り。

ぱ〜!!と晴れないものか。

なんだか心も憂鬱極まりないのである。
楽しい話がしたいものである。
 
 
どもザッキーです。
体が2つほしい。
もしくは中国国民が一丸となって、地球の自転を遅くしてはくれまいか。
そしたら1日24時間なんてケチなことにはならないのに…。

でも自転が遅くなったら重力も強くなって、只でさえ登るのがおっくうな階段が更におっくうになるに違いない。何をするにも結局いつも以上に時間がかかって、結果1日に出来る事はそんな変わらないような気もしないでもないな。

関係ないが、止まってるエスカレーターは何故にあんなに足が重いんだ!!錯覚の問題だとはわかっていてもあの進まない感じは異常としか思えん。相当な運動量に思えて仕方ない。ならば日本全国にあるエスカレーターを停止すれば、メタボ症候群に悩む人々もスッキリ痩せて、サプリやブートキャンプに頼る必要も無くなるのではなかろうか。

しかしエレベーター運がほんとに無い。
思った方のエレベーターが開いた事がここ最近めっきり無いのは気にしすぎだろうか。

乗り込んだら乗り込んだで今度は「閉」を押したのになかなか閉まらない。あれ?と思ってまた「閉」を押そうとした瞬間に閉まりだしたりして、たった今押そうとして上げた腕の立場は一体何処へ。仕方ないので全然関係ない階を押すなどというワルな行動も助長しかねないではないか。そうやって非行に走ってしまった子供たちに対して、エレベーター会社はどういった対応を取ってくれるのだろうか。

もうね、そんな口からデマカセばっかり言っていると、
誰も相手にしてくれなくなりますぜ。まったく。

さて今日は今から大仏ミーティング。
実家に帰ってた三男が久々に上京!!

09/29はQueで東京☆JAP一周年です。
お暇な方は是非是非おいでませ!!!!
どもザッキーです。
傘に関しては皆いろいろと思うところがあるようで。
実際、科学技術とか目覚ましい進歩を遂げているにも関わらず、こと傘に関してはもう何千年も基本概念すら変わってないのも事実。もしかしてすんごい雨具とかあるのかもと思いNETで検索してみたが、傘に取って代わる画期的な代物は発見できなかった。

かといって「雨具といえば傘」ってことに疑問を抱いている人がいない訳ではないようで、部長のように「傘に代わる新発明」を期待している人も多いようだ。

しかしながら今現在世の中に出回っているのは傘が主流。
そんな中、先日書いた「折れない傘」も発見した。

ひっくり返っても大丈夫。耐風傘〜シャンピー
 この動画は必見!!悪ノリ気味なのは置いといて、
 マジですごいです。あり得ない強度。

あとついでにこんなのも見つけた。
らくらく手ぶらんブレラ
 機材を運ぶ時とかに便利!!BANDマンは荷物が多いのです。

ペット用の傘
 これでキャリーで運ぶ荷物も濡れない!!

あとボーンレス傘ないかなぁとか言ってましたがありました。
革命空気傘

 残念ながら特許の申請だけで、商品化はしていない模様。
リンクページの図1を見てもらえばわかるのだが、要は傘の形をした風船。ボーンレスで使わない時は小さくたたんでポッケに。興味のある方は全文読んでもらいたい。

傘の主要構造である「骨」を排除した画期的な代物である事は認めるが、どうやって開くかというと「口にくわえて深く長く息を吹き込む」だとさ。無理だろ、常識的に考えて。きっと開発者が「ボーンレスの実現」って事だけにしか目が行かなくなった結果、常軌を逸した開閉方法になったに違いない。そりゃ商品化はないな。

長く続く「傘王朝」の歴史、まだまだ長く続くようです。
部長も雨具のパイオニアになるべく、何か考えよ。
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。