映像を見る
最新情報

New!
■リリース情報■

いとうせいこう
&POMERANIANS≡

album「カザアナ」
2008.05.21.Release!!

ASCM6022 10曲入2500円

ジャパニーズ・ダブ・バンドの金字塔、降臨。 2008年、猛暑に贈るクールでNICE!!なベストトラック集
----------------
いとうせいこう&POMERANIANS≡
いとうせいこうとPOMERANIANSが発信するDOPEなトラックをDub Master XがMIX。かせきさいだぁ≡、拝郷メイコ、辻 香織をゲストミュージシャンに迎えた全10曲。

New!
■LIVE情報■

06/06/FRI 梅田Shangri-La

06/27/FRI 代官山UNIT


CDを買う

関東はやっと台風が過ぎましたね、カズです。

ということで、台風一過の海、只今大磯に来てます。
今年は何とか息子を初体験の海に連れて行きたいと思ってましてね、なんとかやっと念願叶いましたよ。

しかし、台風の過ぎたばっかりの海は危険!マジであっぶないなー。
ライフセーバーの人達も、一瞬たりとも気が抜けないみたいで大変そうだった。
我が息子は皆が振り返るほどに物凄〜っく大泣き。
波を恐がってしまって、結局海を眺めて終わってしまいました。
まーそれでよかったんだけどね。

でも潮風にあたっただけでも海を満喫した気分ですよ。
皆さんも水難事故にはくれぐれも気をつけましょうね。

しかし海ビールが美味かったな〜。


お暑ぅ〜ございます。
カズです。

私の住んでる高円寺の隣町「阿佐ヶ谷」では今、七夕祭をやっているんです。
もちろん、私も毎年恒例の行事として、この時期は必ず阿佐ヶ谷を闊歩するわけですよ。

ということで、今回は気になった七夕の飾りを写真でのせてみることにしました。
ノリツッコミは各自、御自由にどうぞ!ってデキルカー!(キレツッコミ)

しかしながら私、携帯からの送信しかできないもんで、いっぱい写真が載せられないのが残念だ。

お近くの人は是非、散歩がてらに見に行ってください。
ツッコミ所満載です。






いやー、電車がすいてるなー、カズです。

今朝の高円寺は人が人っ子一人歩いてなくて、一瞬何事か起こったのかと、世界に実はもう俺一人しか存在しないんじゃないかとか思ったら、今日は日曜日のしかも学生さんは夏休みなんですね。
あー俺には関係ねー。

「世界に実は一人しか存在しないんじゃ」
で思い出したけど、俺の子供の頃ってしょっちゅうそういうことばっかり考えてたような気がする。

「実は世界に生きているのは自分一人で、世界は機械に支配されているんじゃないか?
自分の回りは全て作りもので、あの角を曲がったらホントは真っ暗闇なんじゃないか?
すべて自分の行動は計算されてて、自分が通る道、自分が触る物以外は全てフェイクなんじゃないか?」
とか思ってた。

そういうこと考えてるのって、俺一人かと思ってたけど、案外同じ事考えてた人って多いみたいね。
映画にも同じような内容の奴あったし、タイトル忘れちゃったけど。

あと横断歩道で
「白い所から落ちると死ぬ」
とか、勝手に自分で決めて必死に白線から白線へ跳び移りながら横断歩道わたったりしたな。
あと
「学校から何歩以内で家に着かないと死亡」
とか。
学校の帰り道、黙々と歩数をブツブツと数えながら、うつむき加減で足早に歩く小学生。
はっきり言って気味わりぃ〜な。

しっかし暗いな〜俺の幼少時代。
皆さんは「幼少時代」どうでしたか?

最近気がつくと、麺類ばっかり食べてるカズです。

皆さんご機嫌いかが?
もう夏バテしてたりしない?
しかし、こー暑いと水物ばっかりとっちゃうよねー。
でもね、ジュース類の飲み過ぎには「マジで!」注意したほうがいいよ。

何故かというと...
 チャリラリラ〜ン(回想する音) 

あれは高校の夏休みの時。
某大手清涼飲料メーカーでバイトしてたことがあるんだけど、そ〜れはそれは過酷な仕事内容でね。

例えば..そう、まだリットル瓶というものが存在した時代で(もう知らないかな?)赤シェルというケースに6本入るわけよ。
それを2ケース、両手に持って車からお店に何往復も運ぶんだよ。(瓶だから超重いんだよ)
それが「2階に運んで〜」なんてかるーく店の兄ちゃんに言われるわけよ。
泣けるのよ。

でもね、凄い人になるとそれを2ケース、縦につなげて指穴が重なるところをガシッと片手でつかんで持つ。
もう一方も同じ。
つまり両手で4ケース、24本。
24キロプラス瓶と赤シェルの重さ。
それを炎天下で運ぶ訳さ〜。
まさに超人だ、あーたは。

しかし、超人も木から...いやいや猿も木から落ちるで、たまーに落として割っちゃったりするわけよ。
そーすると、落としたケースの中で割れずに生き残った奴を自由に飲んでいいわけ。
まー日何本かジュースは会社から支給されるんだけども、必ず日に何ケースか誰かしら割るので、毎日果てしなく飲み放題なのよ。

で暑いでしょ、果てしなく飲んじゃうのよ。

そんながぶ飲みバイト生活を1.2週間ぐらい続けたある日。

いつものようにバイトでヘロヘロになって帰って、飯風呂済ませて、ベットにドロッと潜り込み、おやすみなさいと目をつむる。

すると、あれ?なんだっ!
こんなに疲れてるのに、
眠れないー!

どうあがいても眠れず、結局一睡も出来ずにへとへとのままバイトに向かう。

先輩に
「昨日すっごく疲れてるはずなのに、全然眠れませんでしたよー」
すると先輩、かる〜く
「あ〜お前、ドリンク飲み過ぎだ。」

「うっそぉ〜〜!」

実は、あまりジュースを飲み過ぎると、不眠症になるらしいんだよね。
仕事場の皆は知ってたらしく、あまり飲まないようにひかえてたみたいだけど、知らない俺一人ががぶ飲みしてたって話しよ。

それが「何処の」とか「銘柄」とかは言えないけどさっ、とりあえず「ジュース」と書いときました。
フッフッフッ。

皆さんも「ジュース」の飲み過ぎには十分注意してくださいね。
わたくしの実体験でした。

いゃ〜ちょっと前の勇気の日記、よかったよ〜。
本当、久々に感銘をうけたな〜。
是非読んでない人は
「一族郎党」
って奴、勇気がいいこと書いてるんで、読んでやってください。
でも何て読むんだろうか?漢字を知らないカズです。

東京はやっと梅雨明けしましたねー、これでやっと夏本番ですね。

でもね、実は先日神奈川の大和という所に阿波踊りの遠征に行ってきました。
そう、私は祭男。つまりわたくし、もう「夏本番」先取りしていたんですね〜。

大和は阿波踊り祭を始めて今年で30周年だそうですよ。東京、神奈川の方は小田急線の車内広告で見掛けた方もいるのではないかな?。
どうりで規模もデカイ!
見物人もワンサカで賑わっておりました。
まさに夏だったなー。

しかし、我らの本番
「高円寺阿波おどり」
も、今年で50周年だそうだっ!
毎年100万人もの人で賑わうんですが、今年はもっと凄いことになりそうだな。

しか〜し、本場 徳島の阿波踊りは、歴史がなんと400年ぐらい!江戸時代にはじまったんだと。
規模も半端じゃなくデカイらしい、スゴイよね〜。

そ〜言えば、チャットモンチーの方々も阿波踊りやってたって言ってたなー。
徳島出身だからねー、ちっちゃい頃からやってたんだって。

しかし彼女たち、阿波踊りの話しをしたとたん顔つきがガラッと変わったのには笑ったな〜、目が急にキラキラするんだもんな。
まー俺も人の事言えないんだけどね。
でも、忙しいだろうから本番は出れなくて悔しがってんだろうなー。
きっと阿波魂がウズイてるよ。
そんな俺も、今年は出れるかどうか...し、心配だ。

そんなわけで、ついでに
「高円寺阿波おどり」の日程のせちゃいましょうか。

時間は18時〜21時で
8月26日(土曜) 
27日(日曜) 

http://www.koenji-awaodori.com/

です。お暇な方、祭好きの方は是非おいでくださいませ。
阿波踊り見た事無い人は、きっと音圧と踊りのかっこよさと規模のデカサにびっくりしますよ。

でも8月26日は
ポメラニアンズ LIVE
  at 「CLUB Que」
ですので、お忘れなく。

では、夏本番!皆さんも夏を謳歌しちゃってくださいね〜。

カズ
ご存知の方もいらっしゃるかも知れませんが、じつはわたくし、ベースを変えたんですよ。
昔から持ってたやつなんですが、状態が悪すぎてほっぽらかしにしてたんです。
しかし、最近やっとリペアにだして帰ってきたんだけど、もーヤバイよ!

今日もリハだったんだけども〜いい音だな〜ほれぼれする。
皆から
「なんで今まで弾かなかったんだ」
と怒られるぐらいです。

早くみんなに聞かしてあげた〜い。
楽しみに待っててちょ〜。

久々に暑かったな〜今日は。
夏が好きとか言いながら、今日の暑さにちょっとまいり気味のカズです。

九州、四国地方は梅雨明けしたみたいですね〜。
でもね、本当、九州の暑さと違うのよ、東京は。
打ち水をすると余計に蒸し暑くなるのはどういうこったって感じよ。
でも、また明日から雨みたいですけどね。

そんな暑かった今日の夜。
ポメのリハーサルも無事終了し、いつものように下北沢から新宿に出て丸の内線の改札へ向かっていたんだ。

するとね、気がついたんだね!
泣いてる人が多いこと多いこと。

今まで全然気にしてなかったけど、今思えばリハがおわって毎回この道を通る度に、必ず泣いてる人がいた事に今日気がついたよ。

終電間際っていう時間帯だからなのか?それとも新宿っていう場所柄なのか?

男にしがみつき、泣き崩れる女の人。
呆れ顔の男の人。

その場でしゃがみ込み、泣きじゃくりながら電話で何かを訴える女の人。

別れを惜しむのか、泣きながら熱いキスをする男女。

泥酔してベンチにへたれこみ、寝ながら涙を流す女の子。

「人間模様」
あまり恥ずかしくて使いたくない言葉が脳裏に浮かぶ。
レピッシュの「爆裂レインコート」が頭の中に駆け巡り始めたよ。

ってことで、ちとオセンチになっちまったから、今日はこの曲を頭の中のステレオでエンドレスで流しながら、子守歌がわりに寝るとしよう。

おやすみなさい。

カズ
以前「JR高円寺駅前の八百屋は安い!」と書いたと思うけど、じつは自分が住んでる丸ノ内線の新高円寺駅近くのよく立ち寄る八百屋もめっぽう安い。
CLUB LINERの近くと言えばわかる人もいるかな。

今日もいつものようにフラッと覗いたら見つけてしまった!
去年に引き続き『松茸』だ!
『韓国産松茸 投げ売り』と書いてある。
しかも4本入って450円ってやっすい〜!
これは買いっ!買いでしょーっこっれっは〜。

レジで
「書き間違えじゃないかな〜、騙されてるんじゃないかな〜」
と心配になりながらも無事に会計を済ませて、連れて帰りましたよー松茸っちゃんっ。
早速料理だ!

さーてどうやって食べようか。土瓶蒸しとかあるけど土瓶ないしな〜。

よし、松茸だったらやっぱり王道の焼き松茸でしょ〜う。
てことで2本は焼きだ。

残りは迷ったあげく近くのスーパーでしゃぶしゃぶ用の肉が安かったので、松茸しゃぶしゃぶにしました。

お味は〜...うっま〜いっ!うまかったよ〜。

焼いたら香ばしくて、カボスにつけて食べるとあの土瓶蒸しの風味がよみがえってくるし。
またしゃぶしゃぶにしてみると食感がプリプリしてて、これま〜たまたうま〜い。

でも食通の人が食べたら味が無いとか香が弱いとか言うんだろうなー。
なんせ俺、国産の松茸食べた事ないから、くらべようが無いんだもん。

「でも、本物の国産の松茸食べたらブッ飛ぶんだろうな〜」
とまた新たな野望が生まれたことに感謝だ。

人間、知らないってことも、一つの楽しみだったりするんだよね。

しかし夏本番も来てないのに秋先取りか〜?
夏が好きで終わってほしくない俺としては、ちょっと複雑です。






カズ
最近、電車の中吊り広告でよく見かける見出し、
「ちょいモテオヤジ」
とか
「ちょいワルオヤジ」
って、一体何だ〜?

な〜にがちょいワル?ちょいモテ?
わっかんね〜な〜。

そんなのにカブれてる奴は
「中学の時に凄いおとなしく真面目だった奴が、高校に入って同じ中学の奴がいない事をいいことに、急に不良っぽくなって
『俺、中学のときはさんざん悪さしたぜ〜』
とか言ってる、高校生デビュー野郎」
と同じなんだよっ!

カッコイイ大人って〜のはニジミでるもんなんだよ!
そんな本読む前に自分を磨けっつーの!
だいたい「ちょい」って...何なんだよ、わっかんね〜な〜。

と一人、家飲みしながらテレビにクダをまく情けない大人「村上」であった。

終わり。

カズ
(今回は私的過ぎて、のせようかやめようかと物凄く悩んだのですが、
恥を忍んで書き込む事にしました)

人間、歳を重ねてくるといろいろなものが見えてくるものだ。
今まで知らなかった楽しいこと、
もの事の成り立ちや仕組み、
感覚や味覚も変わってくる、つまり大人舌って奴か。

世の中の物のほぼ大半は大人に向けて作られているんだというのがわかってくる。
R25が読みたくても全然手に入らないのはそれを物語っているのだろう。

しかし視野が拡がった分、見たくないものまで見えてくるもんだ。
歳をとる分、いろんな人に接する機会が増えるわけだから、人を見る目も育つわけだ。
人の腹の中、何を考えているかがおのずと見えてきたりする。

いやしくもかなしき、大人たちの腹黒さ我がママさ加減よ。

今自分の子供の周りでとてもツラい出来事が起きている。
強引に作られた歯車に無理矢理組み込まれそうになっているんだ。
「保育園の新設」
いろんな利権が絡み、仕組まれた筋書、そんなニオイが充満する説明会。
必死に反対する父母達。
「管轄外だ、決定事項だ」と訳の解らぬ言い訳で煙に巻くお役所。
つっつけばつっつくほどボロがでて、終いには馬鹿なフリをしてしらをきる。
何が話し合いだっ!すでにシナリオが出来てるじゃないかっ!

そういう奴らがこの国を造って来たかと思うといたたまれなくなってくる。

自分さえよければ他人がどう不幸になろうが構わないという奴ら、そのほこ先は弱者に向けられる。
つまり、まだ視野の狭い子供達にだ。
大人達のストレスを敏感に感じて、一緒にしょい込んでしまうんだ。

「自分が死ぬまでこの国がもてばいい、後は知った事じゃない」

そんな言葉が聞こえてきそうな大人達を見て育った子供達はいったいどこに向かえばよいのだろう。

でもね、日本にはいい言葉がある。
「反面教師」さ。
子供向けに言うなら
「人のフリみて 我がフリ直せ」だよ。

俺一人が頑張ったって何一つ変わらないかもしれない、でもそこが全ての始まりなんだよ。
何かを変えるにはまず自分が変わらなきゃ何にも始まらないんだ。

全ての大人が悪いわけじゃない、素晴らしい大人も沢山いるよ。

だから俺も、もっともっとカッコイイ大人になりたい、子供達の道標になりたい。

俺は信じるよ、子供達の力を、人の力を、自分の力を。

 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。