映像を見る
最新情報

New!
■リリース情報■

いとうせいこう
&POMERANIANS≡

album「カザアナ」
2008.05.21.Release!!

ASCM6022 10曲入2500円

ジャパニーズ・ダブ・バンドの金字塔、降臨。 2008年、猛暑に贈るクールでNICE!!なベストトラック集
----------------
いとうせいこう&POMERANIANS≡
いとうせいこうとPOMERANIANSが発信するDOPEなトラックをDub Master XがMIX。かせきさいだぁ≡、拝郷メイコ、辻 香織をゲストミュージシャンに迎えた全10曲。

New!
■LIVE情報■

06/06/FRI 梅田Shangri-La

06/27/FRI 代官山UNIT


CDを買う

カズ
いやいや〜最終リハーサルが終わりました〜、いい感じよ〜、楽しみよ〜。
後は京阪、クワトロに挑むのみ!ガンバルぜよ〜っ。

しかし最近、平均睡眠時間3時間の日々が続いてるような気がする。
別に遊んでる訳ではないんだよっ!
家帰って、ビール呑んで、やんなきゃいけないこと思い出したりして、あーだこーだやってるうちに気がつけば朝の4時だったりするのよね。
なんか最近すぐイライラすると思ったら、ただの寝不足じゃ〜ん。
今日は帰ったらすぐ寝ようっと。
いやいや待てよっ、そういえば今日友達に焼酎のハナタレもらって冷凍庫にキンキンに眠らしてたんだった!早く帰ろーっと。
あーまた今日も遅くなりそな予感だ〜。
まっ、とりあえずおっやすみなっさいで〜す。

カズ
新社会人の仲間入りになった方や新入学された方も多いこの季節、皆さんいかがおすごしですか。

朝の新宿駅などに行くと、まだ降ろしたてであろうスーツや、すこしぶかぶかの学生服。
お世辞にもお似合いですねとはまだ言えない、「馬子にも衣装」的な人達がいっぱい歩いてたり。
いかにも東京に出て来たばかりで、人の流れにうまく乗れず、上向いて不安げに歩いてる人を見たり。
そんな人達を見て「あーもう春だなー」なんて季節を感じていたのも確かだった。
昔はね...

しかし、
最近、
見ないんだよね〜、そういうあからさまな新一年生というかお上りさんというか。
時代なのか?もう地方と東京の差がないということか?
確かにツアーとか行ってもあんまり東京と変わらんもんなー。

しかし、東京にはそんな新一年生を狙う悪い奴らがゴロゴロ、大きな口開けて待っているからね、
それもまた東京に限らずだろうけど。

自分も東京に出て来たばかりの時、騙されたことが何度かあったよ。
それに気付かせてくれたのは友達だったし、救ってくれたのも友達だったな。
ありがとう松野君!
今思えば、いい人生勉強だったよ。

だが、今の騙しのテクニックは昔とくらべて凄く巧妙になってるし、額も半端じゃない。

甘い言葉には気をつけること、自分が落ち込んでいるときを狙って心の隙に入り込んで来るからね。

一獲千金話なんて100%嘘だから。
世の中そんな簡単に金儲けができるほど甘くはないって事を心に留めておいてね。
だいたいそういう連中は目つきがおかしいというか言葉の響きがおかしいからさ。

ホントちょっとでもおかしいと思ったら直ぐに周りに相談すること!それが被害を最小限に食い止める方法だ。

心して掛かれ!そして人を見る目を鍛えるんだ!
ガンバレッ 新一年生諸君。

カズ
昨日は久しぶりのポメリハ、下北沢のリハーサルスタジオに向かって小田急線に乗った。
朝から妙にハイテンション、リハの時間が近づくにつれ落ち着きをなくしていく自分。
おそらくほんとに久々のリハだったからだろう、ひどく緊張していた。

その時間帯は、帰宅ラッシュで電車の中は激コミ。
緊張とイライラがつのって気分が悪くならないように、車内広告に目を向けて気分をまぎらす、視界の端から順番にじっくり読んでいけばあっという間にあらっ下北沢よっ、へっ。

するとシロイルカの写真に目が止まった、
「シロイルカといえば、さては横浜八景島シーパラダイスだなっ!」
案の定シーパラの広告だったわけ。
「昔一度だけ行ったことがあるけど、シロイルカってこっちがお辞儀するとお辞儀返してくれるんだよ。ちょ〜可愛いのっ」
とかニヤニヤ思い出しながらよく見ると、
「あれっ?4匹?頭?俺が見に行ったときは2頭?匹?だったのに」
ふ〜〜んっと見出しを読むと、

「シ ロ イ ル カ (ふきだしで)フォ〜ッ!」

ふはぁ〜〜〜...脱力っ!一気にリハにたいする緊張感が抜けたっ〜〜ヘロレロレロ〜ヒ。

ありがとうよっ「シロイルカふぉ〜っ!」よ。
君たちのおかげでいい演奏ができそうだよ。
じゃなくできそジャメェイカー..
じゃなくできたYO。

そんな君達に4点あげるっドドンッ(太鼓の音)

カズ
人間というのは不思議なもので、飽きて放り投げてた物が急に欲しくなったり、いろんな物に手を出してさんざん悩んだあげく、元のサヤに収まるなんてことは日常茶飯事な訳ですよ。

流行りものなんてのも同じでサイクルってのがあるらしい、バネに似てるんだと。
上から見ると丸でしょ、横から見ると螺旋な訳ですよ、つまり時間。

でもね、昔体験したことを今また体験すると新しい発見があったりするんだよねー。今回はそんな話し。

遠い昔のある日、バイトの社長に連れられて昼飯に向かった。
その日の仕事現場は築地という巨大な卸売市場の界隈にあるお寺。
場所柄、道行く人はみんな魚やさんだったり、寿司やさんだったり、竹籠を片手にそそくさと歩いてる人々でごった返していた。
まーそんな場所だから、もちろんお昼は寿司だろうと期待、してたが着いたところは一軒のカウンターだけの小さなラーメン屋。
「な〜んだよっ、わざわざ築地にきててラーメンかよ〜」

そのころ、まだ九州からでて間もない頃で、東京のラーメンに物凄く抵抗があった。
「醤油ラーメンなんて、なんで高い金出してサッポロ一番食べなきゃならんのだ?」
と思いながら仕方なく食べた記憶がある。

しかしだ、いつ頃からか、醤油ラーメンが大好きになった、初めて入ったラーメン屋は必ず醤油ラーメンを頼む程だ。
その店のスープの味が1番わかるからね。
まーいろいろラーメンは食べ歩いたなー、醤油ラーメンにもホントにいろいろな味、種類があるって気付いたよ、深いっ。
そして先日、その築地ラーメンを何年ぶりか久々に味わうことができた。
始めはあまり期待してなかったんだけど、ところがドッコイッまーそのシンプルなこと!これこそ、昔から変わらない純粋な東京ラーメンなんだろう。

薄過ぎず、厚過ぎず、そのくせしっかりとした歯ごたえ、味わいのあるチャーシュー。

ほんの香付け程度のねぎ。

卵といったら味付け卵だとおもいきや、その店はなんと卵焼きなんだよね、それが本来の東京ラーメンだそうだ。

ナルト!これがねービビった。
築地の紀文本店から取り寄せてるらしいが今回食べて初めて違いがわかった。
歯ごたえが全然違うっ、味は高級な蒲鉾のように濃厚だが、歯ごたえは蒲鉾とは全く違い、物凄くモッチモチなんだなー。
ナルトでこんなに感動するとはおもわなかったよ。

そしてスープだっ、東京のひとってほんと醤油を知ってるよねー。
蕎麦つゆにしろ、寿司にしろ、佃煮にしろやっぱり醤油は命だね。
醤油のこおばしい香、輪郭のはっきりした味は、麺を味を際立たせる。
その味の強い輪郭のゆえ、舌が疲れてきた時に、横にちょこっと乗ってるカイワレ大根で口をリセット、するとまた箸が進むわけ。
またふわふわの卵焼きがちょっと甘みがあって、スープとからんで絶妙にうま〜いっ!

最後にスープをすする時、柚子の皮が一枚丼の底に沈んでいるのを発見っ!
どおりで時間が経つにつれ段々ふくよかに味が変わっていくわけだよ。
たかがラーメン、されどラーメン。
深いなー、深すぎるなー、ホントに御馳走様でした〜。

どう?腹減ってきたでしょう。
書いてる俺も腹減ってきちゃったもんなー。

何も変わらず、味を守り続ける小さなラーメン屋。
時間と共に成長していく俺。
もう一度初めに戻ることでいろんなことを気付かされた。
そしてまた俺は成長していき、味は守り続けられるんだろう。
な〜んて素晴らしきサイクル!ありがとうっ築地ラーメン。

ということで今回紹介した築地ラーメンの場所。
晴海通りと新大橋通りの交差点角にある、築地共栄会ビルの地下一階にある
「バカウマ亭 築地ラーメン」

高い食材使ったり、見栄えをゴージャスにしたり、そんなラーメンが流行っている昨今、ホントにシンプルで本来のラーメンを味わうのも、新しい発見があるかもよ!
ハバ グッラーメンライフッ

カズ
いやはや桜の咲く季節になりましたが、桜を見に行く予定がたちませんなー。
毎年必ず新宿御苑に弁当作って家族で桜を見に行く事が恒例行事になっている村上家としては、居ても立ってもいられない状況ですよ。
しかしなんで人というのは桜を見ると騒ぎたくなるんでしょうね、他の木でも花は咲くのに。
梅の頃じゃちと寒すぎか?桃じゃもひとつ派手さが足らぬか?あの桜の狂ったような咲き方にはやはりかなわないってことか。

江戸時代の頃、隅田川の土手に沢山の桜が植わっていたらしい。
何故かというと、春になると桜を見に大勢の観客が訪れ、その河川敷で宴会をやる。
すると土手が大勢の人達によって踏み固められる訳。
洪水が多かった隅田川の堤防を頑丈にする為の幕府の政策だったんだって。
賢いなー、桜、って違うか。

桜の見ごろって人それぞれ違うかもしれないが、俺は断然、満開の散り際!
コップに酒をついで呑もうとしたらヒラヒラ〜と花びらがコップの中に....な〜んてね、風情があるよね〜。
あと桜が散る時って、一斉にドーッと散る瞬間があるの知ってる?、天変地異か世界の終わりかってぐらい、凄い光景なんだよね、是非味わってほしいなー。

都心で桜が凄いとこってゆか、俺のお気に入りはやっぱり新宿御苑だな。
入園料とるだけあって見事な桜!手入れが行き届いてる。
散り際の花びらが舞う量も半端じゃないっ、圧巻の一言です。
ただ、アルコール持ち込みは基本的にダメなんだよね〜。
それでも行きたいっ新宿御苑!
(寒くなったら温室もあるしねっ)

カズ
やっとベースマガジンをじっくり見れました。
いゃ〜結構熱〜く語っちゃってるな〜。
しかし、インタビューしてくださった方にも、またインタビューを編集してくださった方にも、凄く愛を感じます!この場をかりて、有難うございました。
インタビューの時に
「ベースマガジンの編集長がずっと村上さんの事が気になってたらしい」
と聞いて、かなり舞い上がったのを覚えてます。
ここまで頑張って続けてきてホントによかったとつくづく思いました。
でもね、ここで勘違いしちゃいけない、それは、俺は

「ポメラニアンズのベース、村上和正」

であるということ、決して俺自身の力だけでベーマガに載れたのではないということ。

今年に入って限定ブログが立ち上がったり、NMNLのポスターに選ばれたり、ラジオ番組が決まったり、いろいろな新しいことが始まっている。
それはポメラニアンズをもっと知ってもらいたいというみんなの気持ち、ポメラニアンズを見たいという皆の気持ちの表れだと思うんだ。
スッゴク有り難いし、物凄く大切なことだと思う。
でもそこで勘違いしてはいけない。

「ポメラニアンズありき」
どんなに本に載ろうが、ブログを書こうが、ラジオに出ようが、テレビに出ようが、
お客さんが1番喜ぶことは、新しい作品を手土産にぶら下げて皆に会いに行く事だもんね。
それが、総てがうまくまわりだす為の「鍵」なんじゃないかと思う。

「ポメラニアンズありき」
今回の長いツアーでそんなことをずっと考えていた。

八絋ベース談議!どうだー!


カズ
とうとう、と〜うとう出たよ〜ベースマガジン略してベーマガ。
遠かった、待ち侘びた、やっとでたマ〜ン←ちと壊れ気味。

早速立ち読みしたさ〜っ、
でもさ〜っ、
全っ然実感わかないさ〜っ、
なんで?ナンデダロイ?
立ち読みだからか?買ってないからか?やっぱりトイレでじっくり落ち着いて読むのが1番だなこりゃ。
わが家のトイレは私にとっての憩いの場。
東京帰ってからかな〜?実感湧くの、泣いちゃったりして...
(お食事中の方、途中汚い表現がありましたことを、深くお詫び申し上げます)←やっぱり壊れ気味

カズ
大阪に向かう車の中
ハナレグミが流れてる。
「日々のあわ」か...
俺達はいったい何処に向かって走ってるんだろう。
右も左もわからない、先の事など何も見えない。
ただ、わかっていること。
それは走り続けなければいけないこと。
誰かが待ってる気がするから。
僕等を呼ぶ声が聞こえてくるから。
誰も知らない明日に向かって、僕等は走り続けるんだ。

カズ
さー後半戦突入!昨日のイベントであまり睡眠時間をとっていないポメンバーですが、これからまだまだガッツリかましていきたいと思っとります。
とかいいながらちゃんと摂生しないとねー、体がもたんねー。
まー、ガキじゃないからダイジョブですよねー。

待っていてくれるみんなのためにっ、いいステージをみんなにとどけるために、ポメンバー全員、気を引き締めて頑張ります!
只今東名高速、名古屋に向かってますよ。
名古屋の皆さん待っててちょーよ。

 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。