映像を見る
最新情報

New!
■リリース情報■

いとうせいこう
&POMERANIANS≡

album「カザアナ」
2008.05.21.Release!!

ASCM6022 10曲入2500円

ジャパニーズ・ダブ・バンドの金字塔、降臨。 2008年、猛暑に贈るクールでNICE!!なベストトラック集
----------------
いとうせいこう&POMERANIANS≡
いとうせいこうとPOMERANIANSが発信するDOPEなトラックをDub Master XがMIX。かせきさいだぁ≡、拝郷メイコ、辻 香織をゲストミュージシャンに迎えた全10曲。

New!
■LIVE情報■

06/06/FRI 梅田Shangri-La

06/27/FRI 代官山UNIT


CDを買う

カズ。

楽しかったかなー、バウニット。

噂にさよなら
BlueBeatにやられて
踊っていたいよ
−MC−
Rock Me Baby(新曲)
Swingin’Easy
−MC−
傘どろぼう(新曲)
ハナレバナレ

新曲を2曲やりましたよ。
ライブ自体も、なかなかよい雰囲気がつくれたんじゃないかと思いますね〜。

しかし大木凡人さん、あんなに背が高い人だと思わなかったな。

物凄い存在感でしたっ。

カズ

明日は久々、ポメラニアンズのライブだ!

@ユニットだ!

新曲もあるゼイ。

出演者も超豪華だゼイ。

司会は大木凡人だゼイ!

凄い企画だよねー。

見に来るお客さんは幸せものだ。

残念ながら見に来れない方は、タワーレコードのフリーペーパー「bounce」にレポートが載ると思いますので、
そちらをどうぞよろしく。

てことで、明日を楽しもうぜ!

カズ

暖冬でも冬はやっぱり鍋だね。

私がポン酢好きだと言ったら、去年誕生日祝いにポン酢を頂いたんです。

こ〜れがまため〜ちゃ美味い。

今夜はこのポン酢で鍋です。

疲れきった身体に、この酸味とコク。

あ〜幸せ。


カズ

この頃、服はリサイクルショップで買ってるんです。

古着屋じゃないよ、リサイクルショップ。

『高円寺は古着屋の街』みたいになってるけど、
あえてリサイクルショップと言わしてもらおう。

これがまた安いんだよ。

ズボンが300円とか500円で買えちゃう。

リサイクルショップだからこれ誰が着るの?みたいなのが多いけど、
よーくさがすと、まさに掘り出し物が出てくるんだよね。

見つけたときって
「うぉっ!きたきたー」
って結構快感だったりするもんです。

昔は古着屋とか俺、苦手でね。

「いいのないかな〜」とさがしているうちに、なにがいいのか悪いのかわけわからなくなってしまい、
結局何も買わずに疲れて帰るみたいな感じだったんです。

しかし今は...
深夜。リハの帰りとかに、その店の前にトラックが停まってるのを発見すると、
「おっ、新しい奴がきたな、
よ〜しっ明日行くかっ」
とムズムズしてくるのです。

人って、変われるもんなんですね。

家計も助かるし、エコだし、
リサイクルショップ、
なかなか良いもんです。

カズです。

「子供は風邪の子、大人は火の子」なんて昔は言ったものですが、
私は子供の頃から、もっぱら「火の子」でしたね。

コタツ大好き、ストーブ大好き、
体育大嫌いでした。
マラソン?シンジラレナ〜イ!

それはさておき、

あの石油ストーブの臭いが懐かしい...

アパートとかマンションはだいたい石油ストーブ禁止だからね。

また灯油買うのも面倒だし。
そういえは今、灯油って無茶苦茶高いらしいね。
ガソリンより高いという噂を聞いた。
シ〜ンジラレナ〜イ。

それはさておき、

子供の頃、石油ストーブでよくお餅とか焼いたなー。
石油ファンヒーターじゃないよ、昔ながらの石油ストーブ。
ヤカン乗っける奴。
今売ってんのかなー?

「ストーブで焼いてた食べ物」

普通の餅。
餅がいい具合に焼けたところで、醤油に付けてもう一度焼く。
香ばしい臭いがしてきたらまた醤油に付けて海苔を巻いていただく。

砂糖醤油バージョンもあったけど、俺は苦手だったな〜。

あんこ入り餅。
これがねーうまいんだよねー。
外はぱりっと、中は熱々のあんこがとろ〜りみたいなね。

小さい頃、家で餅搗きしてたんだけど、あんこを入れて餅を丸めるのがなかなか上手く出来なかったのを覚えてるなー。

スルメ。
親父のツマミね。
大好きだったなー、猫が寄って来てしょうがなかったけど。

あとねー、椎茸とか、ピーマンも焼いたかな?

中でも珍しいのが巻き寿司!
日がたって少し堅くなった巻き寿司を焼くんだよ〜、
これがまた美味いんだよ〜、
オコゲがなんとも香ばしくてね。
珍しいでしょ?

もう一度食べたいな。
何と言っても家族団欒ってのが、1番の美味しい理由だったのかもね。

でも石油ストーブは無理だからね〜。

いつかはかっこいい火鉢を買って、晩酌でもしてみたいものです。

カズです。

東京はな〜んだか春だね。
暖かいのは嬉しいけど、2月なのにこう暖かい日が続くと、さすがに心配になってくる。

大丈夫なんだろうか、日本は。
いや、地球は。

日本の「ワビサビ」が薄れていくように、
日本の四季も薄れていくんだろうか...

いや、そんなレベルではないな。

もっと凄い危機感。

なんか非常にヤバイことになってるような気がする。

そんな事を感じる、
今日この頃なのです。

カズ

お昼にスーパーで「焼き餃子」を買った。

普段はお昼に餃子など買ったことがないんだけどね。「スタミナ餃子」の「スタミナ!」につい惹かれてしまったんです。

食べたらも〜うニンニクたっぷり、ニラたっぷり。

うっまかったよ。

そっしたら〜、あっ、そ〜うっ!

くっさいったらありゃしまっしぇ〜ん。

「この部屋、オヤジの臭いがする」

とか言われるし。

確かにニラが生っぽかったもんなー。

昔、ある大物ピアニストが、

「旨いもん食ってたら息は臭くなるんだよっ!」

って言ってて、皆
「なるほど〜」
とうなずいてたけど、大御所だからこそ言える発言で、
俺がもしそんなこと言ったって、

「なに逆切れしてんだよっ!」

って言われるのがオチだもんな。

歯を磨いても、牛乳飲んでもなーんか臭いなー。
あーブレスケア買わなきゃ、
これからリハだってーのに...

皆さん、臭かったらっ、

「あ〜いしゅいまって〜ん」

カズ

いつも通りの目覚め。
いつも通りの朝。
いつも通りに家を出た、
つもりなのに何かが違う。
そんな時って凄く不安だよね。

忘れ物したのか?といろいろ思い巡らしても思いつかないし、
ソワソワ、ムズムズしてなーんか落ち着かない。

今日はそんな朝なんです。

でもね、寝ぼけてるとかは全然ないんだよ。
逆に不思議なぐらいスッキリしてる。

最近あまり睡眠をとってないのに、今日はなんだか肌ツヤツヤみたいなね。

あるじゃない?凄い体調のいい時って、朝顔を洗ったら肌にツヤツヤ感を感じるときって。
それよ、それ!

だから逆に無茶苦茶不安になるんだよね。
この違和感に!

実はつい最近、物凄い幸せな事が俺に舞い降りて来たんだ。
その事については、もうすぐ渋谷に着いてしまうので、また次回ってことで。
(また電車の中で書いてるんです)

それが「肌ツヤツヤおやじ」の原因だとしても、じつはその事でかなりテンパってるからなー。
それで違和感を感じるのかもしれないなー。

あ〜今日一日、無事に終わりますように。

あれっ?これ書いてたら違和感がどっか飛んでっちゃた。

カズ。

「高円寺で美味しいラーメン屋は?」
という質問があったので、ここで書くことにします。
高円寺で美味しいラーメン屋ね〜。
ホントね、好きだったラーメン屋はことごとく潰れちゃったんだよ。

前に書いたラーメン屋も、おやじがゴルフにハマっちゃって店を開けてる日が段々少なくなってさ。
終いには潰れちゃったんだよ。

あと店主が腰悪くして閉めちゃった店とかあるね。

ニオイの苦情で閉めてしまった店。

店が移ってまずくなった店とかも結構あるなー。

まー好きなので残ってるのは環七の「味噌一」かなー。

いろんな「味噌一」の店の中でもここが1番旨い!

「味噌一」のメニューは味噌ラーメンしかないんだけど、
普通の辛くない「味噌一らーめん」から、
「ピリ辛」
「火吹き」
「爆発」
と辛さが3段階あるんだ。
その辛さがただ辛いだけじゃなく、また深いんだよね〜。
前にも書いたかな?

是非、「ピリ辛バター入り」を試して頂きたい。

あと、あんまり人に言いたくないんだけど、
(あまり流行ってほしくないという俺のセコい考え)
「旅の途中」という店がある。

この店、出来たのはわりと最近なんだけど、建物が出来た当初、なっかなかオープンしなかったんだよね。
看板もあるし、ラーメンのいいニオイがするのに、1ヶ月たっても店を開かない。

多分店の店主が納得いくまで試行錯誤を繰り返してたんだろうね。

それでやっとオープンして早速食べたら、こっれっがっ...

気になる人は自力で探してみて下さい。

ヒントはJR高円寺南口からアーケードを抜け、七ツ森の交差点を右!

「こんなとこにあるのー!」
て感じです。

もう教えたも同然か。

カズです。

シンプルなラーメンが好きだ!

薮から棒にすみません。

最近テレビに出てくるラーメンってやたらごてごてじゃない?
デコレーションケーキみたいだよ。

デコレーションらーめん
だ、
略して「デコらー」だ。

やたら高級食材を使ってさ、視聴者をびっくりさせる。

まーテレビ的に数字を稼ぐためにそういう店を選ぶのかもしれないけどね。

昔よく通っていたラーメン屋のおやじが言ってた。

「ラーメンなんてのは庶民の食いもんなんだ。

ズズッと食って小銭をカウンターにポンと置いて『ごっそさーん』て出てくんだよ。

札でしか払えないラーメンなんてラーメンじゃねー!」

なーんてね。
なんか蕎麦屋みたいな話だよね。

そんな(凄くいかつかった)おやじの小言にビビりながら、ラーメンをススッてたもんです。

そこのラーメンが絶品でね〜。

500円玉握りしめて通ったもんです。

その頃の貧乏な俺にとっては500円のラーメンは充分な贅沢品だったんだよな。
給料日には餃子とビールなんかつけちゃってさ。
まさに至福のひと時でした。

確かに最近のラーメンはいろいろこっていて贅沢品になってきたもんです。

でもきっとまた原点に戻る時が来るのでしょうね。

その時に生き残れるらーめん屋こそが、本物なんじゃないかと。

なんだか音楽と似てるな〜....

そんな事を考える今日この頃です。

 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。