映像を見る
最新情報

New!
■リリース情報■

いとうせいこう
&POMERANIANS≡

album「カザアナ」
2008.05.21.Release!!

ASCM6022 10曲入2500円

ジャパニーズ・ダブ・バンドの金字塔、降臨。 2008年、猛暑に贈るクールでNICE!!なベストトラック集
----------------
いとうせいこう&POMERANIANS≡
いとうせいこうとPOMERANIANSが発信するDOPEなトラックをDub Master XがMIX。かせきさいだぁ≡、拝郷メイコ、辻 香織をゲストミュージシャンに迎えた全10曲。

New!
■LIVE情報■

06/06/FRI 梅田Shangri-La

06/27/FRI 代官山UNIT


CDを買う

昨夜はそのままバルベスのアキオ君の家に明け方お邪魔して宿泊。
“勇気、いくとこないんやろ?”と快く家に招いてくれた。
昨日の友人といい、本当に素敵な仲間に囲まれてるんだなあと気づき始めた。

ゆっくり昼過ぎに起きて、昨夜から連れて行ってくれると言っていた「太陽の塔」を見に千里中央の方へ電車で向かう。千里中央からモノレールに揺られているうちに見えてきたそれはまるで怪物。なんだこれは!

どこか見覚えのあるでっかい像が森の奥にニョキッとはえているのです。かなり衝撃。実物は写真よりずっと大きく見えるから、まだ見たことない人は本物を一見する価値はありますよ。
万博公園は17時で閉まる。入場は16時半まで。
只今の時刻は16時45分。
急げ!!
ってなわけで、受付の方に無理言って10分だけでも入場させてもらうことに。
間近で見るとこんな感じ。


裏側にもう一つ顔がある。


全長65mあるこの物体が「太陽の塔」。
実際に見ると写真よりだいぶ大きくみえるよ。
ちょっとでも伝わるかなあ?
どこかで見たことのある作風だと思ったら、岡本太郎氏の作品。表参道のこどもの国でおなじみのモニュメントを思い出した。彼の作品結構いろんな場所で見た覚えがあるんだよね。岡本太郎氏ってこんなにスゴイことやる人だったんだ・・
ってこりゃ俺が知らなかっただけで失礼な話だね。
記念にツーショット☆

万博公園を出て、その日最初の食事に出かける。
アキオくんのススメで道頓堀極楽商店街へ。
ビルの中に入ると、屋台が立ち並ぶレトロな町並みが…
すごいな、ここは。

アキオくんのセレクションで入ったお好み焼き屋「オモニ」。
アキオくんいわく本店がオススメとのこと。
写真を撮って食べたそうにしているアキオくんをじらすワタクシ(あ、ザッキーさんになっちゃった)。

駄菓子屋も物色。

アキオくんにそそのかされ「うまい棒」の自由帳と 変なブリキの魚の人形を購入。彼曰く、自由帳は「俺のじゃなくてごめんね!」と言って好きな子に渡すと良いとか。魚の人形の方は「これ、水に浮くんだよ!」って好きな子に渡して一緒にお風呂に入るんだとか。さすが関西!いや、さすがアキオくん!!完全においら、ノせられてます☆

どうしようもなかったらいつでもバルベスに戻って来いよ!と素敵な心意気を見せてくれたアキオくん。惚れてしまいそうだ。そんなアキオくんもボチボチ仕事に戻らねばならないので、楽しかった2人旅もこれにて終了。

さてようやく夜の道頓堀で1人考える。

カホンか何かしら楽器さえ持っていれば、
なんばの路上ライブやってる子らとセッションできたのになあ。
明日かあさってはできることなら高野さんのライブを見に行きたい!どちらか空いた日に京都へいこう。
…しかし今夜はどうしようかな、本当にノープランのままここまできてしまった。。。
もうすぐどこの店も閉まるし、どこにゆくにしろアテがない。誰かの家に泊まるのは果たして1人旅と言えるのか?地理も分からず、電車やバスの路線はおろか、地名も分からないし、どうしたもんかなあ。。。

そうこう思っているところに大阪の友人から携帯に着信が。
一緒に飲みに行くことに。しかしこうして友達と飲みに行くのが本当に一人旅なのだろうか?
とまあ、そんな葛藤もあったものだから、飲みに言ったあと、友人は家に泊まりに来ないかと快く誘ってくれたんだけど、酔った勢いも手伝って今日は公園に泊まる!と言い切る俺。

近くの公園を案内してもらい、近くの交番の場所なんかも教えてもらって友人はタクシーで帰る。

公園のコンクリート製のベンチの上に寝袋を敷いて1人モゾモゾ入りこむ。
荷物は盗まれないように寝袋の中にしまいこんだ。
ようやく1人の長い時間が訪れる。
時々人が犬を連れて散歩しにきたり、トラックの運ちゃんがトラックをエンジンかけたまま止めて休みにくる。

…バンドのツアーとしてしか過去に訪れたことのなかった大阪。気づけば、今回の旅が初めての個人的な大阪だったのだ。友人とこうして語らったり、色んな場所を知ったり、今までたくさんのことをやり残してきたんだと思った。同時にこんなにも友人や仲間、笑顔と思いやりに囲まれていたなんて。つくづく幸せなんだなと思った。みんなに感謝しなくちゃあなあ。。。おやすみなさい

関西一人旅 3 へ続く。



ソイツは、いきなりやってきた。
寝袋で寝ている俺の頬に何か冷たいものが触った。
ビクッ!と起きる俺。
あたりにいたハトが不意をつかれ、ふぁさふぁさっと逃げていった。
その瞬間を目撃してビックリした顔つきでこちらを見ている、ホウキを持った清掃のオッサン。
こんな朝の目覚め方をしたのは生まれて初めてのことである。

…雨の匂いだ。寝る頃よりもちょっと強くなった風。頬を触ると水滴がついていた。我に返るとやわらかい小雨の音が聞こえた。ヤバイヤバイ!飛び起きると、僕の辺りだけ地面が濡れていない。助かった…。木の下のベンチで寝ていたから濡れずに済んだのだ。しかしこのまま雨足が強まればいつまでもここにいるわけにもいかない。

朝早く5時過ぎに雨に公園から追い出される。なんてことだ…。計算したら2時間ちょっとしか眠れてないじゃない。しかもコンクリートの上に薄い寝袋1枚だけじゃさすがに硬かったみたいで、わき腹のあたりを寝違えとても痛い。…横っ腹をかかえ歩きながら考える。これからどこに行こうか?とりあえずザッキーさんには「いやぁ案外大丈夫でしたよ」って伝えておこうと思う。

そのまま京都に行ってしまおうかとも思ったが、同じ服のまま2日間風呂に入らず動き回っていたので『「本物」とまではいかないが、軽く知り合いには接近できない』程度の体臭を放っているように思われたため、とりあえずポメ御用達の心斎橋のサウナへ。どうしても場所を思い出せなくて、三角公園のあたりを30分くらい彷徨っていた。缶を集めているおじいちゃんたちに場所を聞き、どうにかこうにかたどりつく。
そのサウナは朝の5時以降だとサービス料金で1000円と安いのである。体をよく流し、ドレッドを洗い、歯を磨き、ヒゲも剃り、風呂にゆっくりつかり、携帯も充電して、服もコインランドリーでたった200円で洗濯、ドレッドの頭を1500Wのドライヤー2本使って乾かす。ぽかぽか風呂上りに冷たいジュースを飲んで、チェックアウトの12時ギリギリまでよく眠る。たった1000円でこんなにも至れり尽くせりなのである。。もう天国!これだけで大阪に来た甲斐があった!!ってこりゃ何か違うな。

サウナを堪能しつくしたあとは、
コンビニエンスストアへ。
ガイドブックを買う。
そもそも、一人旅をするのに何の知識もなく旅をするのが無謀だということに気がつくのに、ずいぶん時間がかかった。ここ数日間一人でいるとき、なんば・心斎橋から梅田のあたりをぐるぐる歩き回っていただけだったということにようやく気がついたのだ。なるほど、富士の樹海に迷って同じところをグルグル回ってしまう心理はこれか!(本当か!?)
高野さんのライブは予定が合わずあえなく断念。
よし、じゃあ今日は京都に行こう。そう思ったときにはすでに午後の13時過ぎを回っていた。早い寺は16時に閉まってしまう。ちょっとゆっくりしすぎたかな、急いで京都に向かう。
電車の中で、寺めぐりの経路を考える。
ふむふむ…まずはなんといっても金閣寺!そして清水寺にいこう!!
ヒカリモノと名所に弱い伊藤勇気でございます。
そういえば、ジャーマネに「どうせ一人旅するならロケハンしてきてよ」と言われていたので、果たしてベタな場所を回ってロケハンになるのかなあと若干の不安もよぎっていた。
京都内を回るのはバスが便利らしい。ふむふむ、レンタサイクルという施設もあるらしい。
いいじゃない、それ!

京都駅に着いてさっそくレンタサイクルの施設に電話。
場所を教えてもらい直接向かう。
向かった先はKTCP(京都サイクリングツアープロジェクト)というお店。駅から徒歩5分くらいのところにある。
気がつけばもうすぐ15時になりそうだ。もう時間がない。
お店に到着。

ここのお姉さんがまた親切な方で、いきなりノリで遅くに訪れた俺に、今からでも十分に間に合うオススメの経路を教えてくれた。ここで清水寺と金閣寺は断念。清水は拝観に時間がかかるし、金閣寺は距離が遠すぎる。お姉さんの提案に従って経路を設定。いざ出発☆☆
駅前でこそこそと京都タワーをバックに記念撮影。

今回旅を共にしている熊のムーくんもご機嫌の様子。

さて、ここからは伊藤勇気ロケハン。
まだ余力のある人はお付き合いくださいませ。

最初に向かうは八坂(やさか)神社。
地図を見ながらおおざっぱに向かう。自称チャリプロなのでスピードは速い。おお、左手に東本願寺が見えてきたぞ。

目的地ではないので、そのままスルー。
観光バスがいっぱい停まっていたなあ。
5条通りを右に曲がって…ずーっとまっすぐ。
川が見えてきたぞ、鴨川だー。川を越えるぞー。

ん?鳥だ。鳥がいるぞー。

後でこの写真、友達に見せたら「お前、寂しいヤツだな」って言われました。そんなことにもめげず、走り続けたらとうとう見つけましたよ、八坂神社。

なんか表には大谷本朝って書いてあるけど、場所は間違っていないし、これはきっと八坂神社だ!しかし大谷本朝内のどこらへんに八坂神社があるんだ…????
…どうもやはり場所が違うようです、やってしまいました。俺の間違い。うーん、人に聞いてみよう。

オレ:すみません、八ツ坂村ってどこですか?
通りすがりの人:????

気づけば名前を間違えるどころか、神社ではなくなっていました。

そんなトラブルも乗り越え、もう少し北にあることが判明。
こんどこそ八坂神社に到着。

修学旅行生とおじいちゃんおばあちゃんに紛れ 参拝。

奥のほうへと進むと、鳥居の奥には円山公園。

そのまま奥へ奥へ。

奥へ奥へ。

奥の山がブロッコリーみたいだ。

写真だと分かりにくいけど、茶色やオレンジ色の木々がちらほら。まだ紅葉には早いような!?

立派な松の木おいしげる園内。

園内の売店でみたらし団子をいただく。。

アツアツの白いだんごの上にたれをかけ、きな粉をまぶす。これが本場のみたらし団子なのかーっ!うまうま

人間が造った自然の風景。でもこの風景は絶景だよ!

円山公園を離れ、四条通りを経由して花見小路を散策。

情緒溢れる町屋の風景。車どおりが多くてひかれそうになった。
ここは静止画の代わりに動画で撮ってしまったのでジャーマネに相談して上げてもらおうかなあ。けっこう面白いんだよ、カメラを恥ずかしそうにチラっと自分に向けるシーンとか。

レンタサイクルのお姉さんのオススメスポット、
巽橋(たつみばし)を探す。
京都のロケでよく使われる場所だとのこと。
場所が分からないとのコトだったのでたくさんの人に聞きながら情報収集。
自転車でスイスイ移動しながら鴨川へ再び出る。

この橋も素敵だが、これではなさそうだ。
なにしろ小川にかかってるっていってたもんな。

…鴨川の副流(!?)、白川を発見!
小川ってこのぐらいのサイズで平気かなあ。

そのまま下流まで追っかけていくことに。

ちょっとしたステージのようなものを発見!
ひょっとして、俺、意外にロケハンできてるんじゃないの!?

そのまま川は住宅街の隙間に消えていきそうな雰囲気。
あー、追跡もここまでか。。。
しかしこの右手の家、ベランダ(?)が飛び出しているよ。
俺もこんな情緒溢れるベランダでかき氷が食べたい…。

もうそろそろタイムリミットだ。19時の自転車返却時刻が迫っている。残念だが帰るか…。結局見つからず終まいだったなあ。

ん?

もしや…これは橋じゃないか!?

しかも巽橋ってかいてあるーっ!!
やった!!ようやく見つけた!!最後の最後で。

感動しながら巽橋に乗ってみる。

ひゃーきれい。

これで一人旅だけでなく、ポメのロケハンをも成功させた勇気王子。ポメの後世に名を語り継がれる…よね?しかし、ロケハンってこんなにおおっぴろげにやるものなのか??そこらへんは大いに疑問。

京都もクリアーして大満足のワタクシ。
自転車を返却して大阪に戻ると、
急に東京が恋しくなってきました。
思い立つと早いんです、あたくし。
という訳で、夜の20時から急遽夜行バス探索。
友人にも手伝ってもらって、最後余り2席というところで、
23時半大阪発のバスに乗って 朝東京へ戻りました。

俺が乗ったのは2階建バスでトイレなし。5,000円のバス。全ての窓にはカーテンが敷かれ、車内は薄暗く、視界はないに等しい。自転車こぎ疲れたのもあり、ザッキーさんとは対照的に爆睡でした。途中1度サービスエリアに止まって休憩したのは覚えているんだけど、次にバスが止まっているのに気づいて2度目の休憩かと思ったときには東京についていて仰天しました。

そんな俺の素敵な旅を、最終日全面的にサポートしてくれたガイドブック。

最終日が一番一人旅っぽかった気がするが、ちっとも寂しくなかったなあ。
でも一人旅をすることよりもね、大事なことにたくさん気づけた旅になったから
それはそれでよかった。

なにか、書きすぎて大事なことを言い忘れている気がする…。
不備があれば後日再アップします。
日記書くのに半日かかったぜ!!
文才が欲しい…。

レンタサイクルだぜい!!
寺巡るぜい!!


大阪のとある公園(写真)。
必要最低限の荷物だけ持って寝袋で寝っころがってます。
この旅で少し人生観変わりそうです。

一人旅するとかいったものの、たったさっきまでたくさんの仲間に囲まれ、いろんなところに僕を連れて行ってくれて、みんなかまってくれて。結局今回の旅で今のところ自省する暇なんかなく、むしろどれだけみんなに愛されてるんだろって感謝でいっぱいになった。これはこれでいろんな事に気づかされた今回の素敵な旅。

これからしばらくは一人でいれたらなとも思ってます。自分の内面にもいろいろと問いかけてみたいし。

どこかのタイミングで京都にいこう。みんなの話を聞いていて、歴史に改めて触れてみたくなった。

携帯の電池を気にしなくちゃならんので、そろそろこのへんで。いずれにしろポメの練習もあるし、もうすぐ帰ります。

帰ったら、あったこといっぱい書くよ。写真もいっぱい撮り溜めてる。最終的にどんな収穫になるのか検討もつかないけれど。

都会の野性児 勇気より


今大阪にいてます。
こっちにくると大阪弁が軽くうつります、勇気です。

昨日のSWEET LOVE SHOWER 2006、
屋外で雨だったから
お客さん大変そうだったけれど
みんな踊ってくれてて嬉しかったよ☆
僕はいつも通り楽しかった。
以前とちょっと一味変わってたの、分かった!?

昨夜は打ち上げをして、メンバーと別れ
そのまま友人宅に泊めてもらい
今日これから大阪観光をしたら
軽く一人旅を始めようと思ってます。

といってもノープランだから
どこにいこうかなという感じ。

広島とか逆行してしまうのもおもしろいし、
ちょっとずつ鈍行の電車で東京に近づくのもいいね。

そもそもどうやって帰るんだ。。。
夜行バス?18切符??ヒッチハイク???
寝るのに、寝袋ぐらい買わないとね。
どんな旅になることやら。。
ポメの練習までには間に合わせて帰ってこようと思ってます。

途中経過、結果報告、随時ブログにアップしていくぜぃ☆

最近、モノ足りないと思っていたんだよ。
毎日楽しいんだけど、生活にハリがないというか・・・。
昨日ポメのフルセットでのリハーサルをやっていて気づきました。
そうそう、これこれ!!この感じ。
ずっと作曲に集中していたのと、
江ノ島ライブがアコースティックセッションだったので
フルセットでの練習って久しぶりだったんだよね。

そういや、4/21のクアトロライブ以来、
フルセットでリハに入っていなかったものね。
ずっと江ノ島用にカホンで練習していたから、
久々にポメでドラムを叩いた。
セッションでこそドラムを叩いたりはしていたけれど、
やっぱりメンバーみなとやるのが落ち着くし、
刺激的なんだよ。
足りなかったモノが無事見つかりました。

リズムの解釈もここしばらくで
ずいぶん変わりました。
以前よりも自分の生活に溶け込んできたなあと。
次ライブを見にきてくれたら
ポメラニアンズ、またひと味変わっていると思うよ!

もうすぐSWEET LOVE SHOWER 2006だな。
腕がなるぜぃ、楽しみだぜぃ☆☆

今年のGWは音楽と自然にあふれた1週間でした。

直前まで特に予定もなく
ゆったりした休日を過ごすつもりが、
結局スケジュールがほとんど埋まってしまっていてビックリ。

3日の江ノ島ライブは僕のGWの幕開け。
青空の下で、たくさんのお客さんに囲まれてのライブ。


屋台があり、本格派のカレーやソーセージが焼かれる
いい香り。
みんな好きなところに座って遊んだり、
空を眺めたり、音楽に耳を傾けたり。
向こうではキャッチボールしていたり
こっちでは笑顔で飲み語らっていたり
軽く一足先に味わう、夏フェス気分。
久々のマーレーズとの対バンも素敵だった。


写真の一番奥がステージなんだけど分かるかな?
僕らが演るころには、
日も傾き、黄色がかったオレンジ色の世界で
風の吹くなか夕日をバックにやらせてもらった。
MCの度に後ろを振り返ってしまう。
自然てスゴイ。

ちょうどこの日
大学の同期の友人達が遊びに来てくれていて
イベント終了後、なんとそのまま彼らが計画していた
箱根温泉旅行にノリで便乗することに!
久々に高校の合宿に行くような気分で
温泉(?)のある民宿に泊まってきた。
民宿に向かう途中、パスタ屋でかわいいクッキーを発見☆

翌日4日は引き続きプチ温泉巡り。
大涌谷(おおわくだに)という山中の源泉に足を運び、
ここで作られている黒タマゴ、頂きました☆


写真の場所で大量生産されていた。
中身はおいしいゆで卵なんだけど、温泉の硫黄成分のせいか外見が真っ黒なんだよ。
寿命が1個につき7年延びるとか!?

箱根のおいしいおソバも頂いて
別の温泉にもつかり、無駄に肌ツルツル?!
人生初の箱根、大満足!

みんなと現地で解散し、
夜は友人のライブに飛び入り参加。
箱根付近から小田急線で下北沢のゴブリンというバーへ直行。
まみちゃんというギターの弾き語りをやっている子のライブに
ゆるーい感じにカホンで参加☆
下北沢の仲間達がどことなく集まってくる雰囲気が素敵。
このゴブリンというバーがまた良いところで、
ROCK FACTORYにも似たアメリカンバーな空間。
いきなり飛び入りで参加した僕にもたくさんお酒を振舞ってくれた。

5日の子供の日は阿佐ヶ谷のnext sundayというバーでセッション大会!
このハコに足を運ぶのはまだ2回目。
なのにすでに顔見知りがたくさん。
お店は来るたびに大繁盛。
音を出してしまえばみんな友達になってしまう、そんな不思議空間。
セッションしているうちに終電を逃し、またもや家に帰れなくなる。
近所に住むできたばかりの仲間は嫌な顔一つせずに僕を泊めてくれた。
僕の第3の拠点になりそうな雰囲気だ。

6日はよく足を運ぶ六本木のバー、ROCK FACTORYへ。
サルサのライブを見に行く。
行ってみると、ステージに上がっているのは
いつもここで見かけるセッションメンバー達だった。
僕を見かけるなり「お前も参加しろ」とジェスチャーが飛ぶ。
急遽ライブからセッションへ。僕はパーカッションで参加。
このハコは南米のお客さんが多く、
南米で流行っている音楽をよく演奏する。
「イパネマの娘」が気持ちよくてみんな踊っていたよ。
彼らがしょっちゅうやる曲は
いつのまにかだいたい覚えてきた。

ここ数日ずっと夜通し動き回っていたので
今日は家でゆったりと過ごす。
これからの1週間、忙しくなりそうだ!

福岡天神エリアの皆さん必聴のワンワン放送局MAX!、毎週日曜日の17時30分より絶賛OA中ですが、本日は都合によりメンバーの出演はありません。ということでご了承よろしくお願いします。そういえば番組では皆様のメールをお待ちしております。アドレスはpome@freewave777.comまでお便りお待ちしております!ジャーマネでしたぁ

勇気

1ヶ月くらいまえのこと。

なんじゃこのプログレッシブでファンクな音楽は・・・

下北沢のリハの最中にコンビニに行く途中にすぐそばのレコードショップから

とても変態的な音楽が流れてきたのであった

迷わずレコードショップの中に入って確認する

「今流れてる音楽、誰ですか?」

「これだよこれ」とあるレコードを指をさして教えてくれる店主

「へえ、それにしてもすさまじい音楽ですね」

「プログレでジャジーなんだけど、ファンキーだからモータウンに所属してたんだよ」

「そんなバンドがいるんですか・・・」

詳細を知りたいのでレコードのジャケットに手を伸ばす

すると店主から一言

「さわるなよ」

ええええええ…!!!!

この店主、いまどき珍しいガンコオヤジだ。

ほんの少し頭にきたけれど、俺も音楽の衝動のほうが大きかったので

それどころではなかった

これ買えないんですか?

「おーい、これって売ってもイイの?」

別の店員に確認をとる。

「イイってさ」だって。

こだわってる割りにあっさりしているのね…

いまどき珍しく自分本位な店だ。

色々話しを聞くと

どうも自分たちで海外を回って買い付けてきた

レコード達なんだとか

どうして露骨に売る気がないのか分かった気がした

どこの馬の骨とも知らないヤツに

自分が一生懸命探してきた子供たちに手を出されたくなかったんだなあと。

それだけレコードに愛情を込めて売っているショップが下北沢にあるんです。

怒りよりも尊敬の念の方が大きくなってしまった買い物でした。

中身も期待通りヤバかった

この音源、アマゾンとかで検索かけても出てこなくて

バンド名はLIBRA。2ndアルバムでアルバム名もLIBRA。

このLPは1975年にモータウンから出ていて

出回ってる数が少ないようで

このLPだけはリマスター音源も存在しないようだ。

そんなもの俺が個人鑑賞用に持っていていいのかしら。。。

本当いいよ、この音源。

先日月曜日、東京では朝から天気がくずついていたね。

正午くらいまで雨やらカミナリやら。

昼過ぎに眩しく晴れた。

雨上がりのスカッとした陽気。

冷たい風と土の香りが、

大都会の東京でも感じられた日

この日は大阪の友達と遊びました

東京を案内しました

この陽気!迷わず代々木公園へ連れて行く

素敵なナニかに出会えました

言葉では表現できないナニか

写真でもほんの一握り感じられるかもしれません

本物の空間は当たり前だけどもっともっとスゴかったんだよ


雨上がりの陽気

この写真がこの日の僕のすべてです(言い切った!)

強烈に太陽が差し込んでいて、冷たい風の中、空気は透き通っていて

たくさんの木の枝たちがクッキリと地面に影を落とす

雨上がりの東京はこんなに空気が澄んだりしたっけ?

この日気に入ったモノの全てがこの1枚に映しこまれている


代々木公園の木たち

奥までそびえる木々のつくるタテ線が芸術的と思ってしまう

バーコードよりはよほど良いでしょ


代々木公園の花

白とピンクの花が緑の下地に素敵なバランスで並んで咲いていた

それだけでは寂しかったので友人を出演させてみた

この写真だけ意図を加えたので

ちょっとワザとらしくなってしまった

写真て難しい


代々木公園の空

この日東京で空を見上げなかったアナタは損していたかもしれません

ちなみに画像をクリックすると縮小されていない写真が見れます


代々木公園の足元

どこを撮っても絵になるこの瞬間この空間に感激


代々木公園の住人

いや、住んでるワケではアリマセン

ビニール傘がそれっぽさをアピールしていたもので…

友人に撮ってもらいました

そういえば代々木公園のトイレの個室の中から

誰かの大きなイビキが聞こえてましたが

・・・大丈夫だったのかな?

ひととおり楽しんで夕方

こんなに空気の澄んだ日なら、いかねばならぬところが…


行ってきました、東京都庁

公園から距離にして2,3キロといったところか

通勤・通学に忙しく歩いている人々を横目におかしな2人組みが歩く

自然が描く有機的な模様とは全く対照的

すべてが点と線で出来ている空間

無料の展望台があるんだよ、ココ

45階にね

東京に住んでる人ほど知らずに来ないから

好きな人でも連れて行ってみるといい

夕暮れを見ながらゆったり過ごす

でも展望台での写真はもういいや

公園が素敵だったから

それだけで満足

友人と別れて夜はポメラジオの収録へ

ポメラニアンズのワンワン放送局MAXの収録ですよ。

知っている方も多いと思いますが

只今九州福岡は天神FMにて毎週日曜日17時半に放送しております。

今週もハジけにハジけたよ!俺も聴きたいもん!!

収録が終わると

録りためた楽曲の選曲会

最近やたらと時間が増えたので

とうとう僕も作曲デビューしました。

その事実はとてもじゃないけど恥ずかしくて

実はまだメンバーに言えてません。

ダブミックスのフカハラ(通称フカケン)さんにだけコッソリ(?)聴いてもらいました。

いろいろと去年から思うところがありまして

アンテナ張って ためこんだものを

今なら本1冊にして書けそうな気さえするんです

GWはなにをしよう。

家に一人こもってモノ書きでもするか!?

弾けないアコギとリュック1つ持ってどこか一人旅なんかもいいかもなあ

 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。