映像を見る
最新情報

New!
■リリース情報■

いとうせいこう
&POMERANIANS≡

album「カザアナ」
2008.05.21.Release!!

ASCM6022 10曲入2500円

ジャパニーズ・ダブ・バンドの金字塔、降臨。 2008年、猛暑に贈るクールでNICE!!なベストトラック集
----------------
いとうせいこう&POMERANIANS≡
いとうせいこうとPOMERANIANSが発信するDOPEなトラックをDub Master XがMIX。かせきさいだぁ≡、拝郷メイコ、辻 香織をゲストミュージシャンに迎えた全10曲。

New!
■LIVE情報■

06/06/FRI 梅田Shangri-La

06/27/FRI 代官山UNIT


CDを買う

一昨日、さりゅちゃんライブ、行ってきました。
さりゅも全国をまわってきて、いまや懐かしの「初冬ギロッポン!」が行なわれたラフォーレミュージアムでのファイナル。
終始落ち着いた演奏は、包容力のあるさりゅの歌声をさらに倍増させていて、本当にすばらしいライブでした。
お客さんも吸い込まれるように見入っていて魅了されてた感じでしたよ。同じく俺もだけど。
終演後、ロビーで待ち合わせしていたところに、ビークルの加藤くん(スペ中以来)とばったり会いましたよ。なんだか、ネオアコのバンド、始めたとか。いいなぁ〜。俺もネオアコ好きだったからねぇ。
フリッパーズ好きだったし。中高時代はよく聴いてた。

そうそう。ポメもカバーしたんだよね。知らない人たくさんいるんだろうな。
ディグが出る前にフリッパーズのトリブュートに参加しててね。

「きみぃ〜のっ、サマぁア〜ビュ〜ティぃは〜♪」懐かしい〜

話しを戻すというか。
こないだのブログで、山下さんがコーネリアスで演奏してたことにちょっと触れたんだけど、さりゅのバックでパーカッションをやってる荒木さんもコーネリアスで演奏しててね・・・。
96年だったかなぁ?コーネリアスが渋谷公会堂でやったライブは俺の青春(いけなかったけど)なんですよね。スペシャで放送したヤツを録画してね、何度見たことか。最高です。
三年くらい前のワールドツアーのコーネリアスの映像もいいんですよね、マジで。あ〜、見たくなってきた〜(笑)
見る機会があったら是非見てくださいね。

それは置いといて、さりゅちゃんですよ。 スペ中で「脱!アーティスト宣言」をしたとき、恥ずかしながら理解があまりできてなかったんだけど、ようやく理解(笑)
本当の「歌人」なんだなぁ〜っていまごろになって関心してしまったよ。
まだまだアオちゃんな俺でしたわ。勉強になりました。

・・・普通に話してる時のさりゅは、全然感じさせないんだけどなぁ(笑)
打ち上げ最初の一言目が「みっちゃぁ〜ん♪・・・」だったからな、子供かよ(笑)って思うくらい可愛らしい子。つーか、素直な子なんだね。

スペ中の時も、カメラ回ってない時とかに、段取りとかきちんと聞いてた子だったし。
田舎体験の段取りの時は先陣きってたしな、マジで(笑)

・・・スペ中の話をし始めると終わらないのと、話の行方が自分で見えなくなって来たので今日はこの辺で。

眠いんだぁ(笑)おやすみなさ〜い。

(ごめん。強引に終わらせてじまった)



先日のクアトロライブの余韻に浸り過ぎて、ずいぶん書くのが遅くなってしまいました。
今もあの夢のような気分から抜けきれない、そんな感じです。だんだん現実世界に虚無感を覚えるほどになってきたので、そろそろ目覚めろ俺!
俺のつたない文章力であの日のことの多くを文字にして語ると、あの時感じたことがウソになってしまいそうで、できるだけあの日感じた以上でも以下でもない感想を冷静に書くのは現時点ではまだ難しいので心に留めておきたいと思ってます。ただ今の精一杯の気持ちとして、みんなに感謝の気持ちを伝えたいと思い立ち、パソコンの画面の前に突っ立っている次第です。

アルバム「レインボークライマー」のリリースに始まり、クアトロまでの終着点までに、ここまで濃厚な日々を過ごすことになろうとは、想定外でした。
関わってくれたメンバー・スタッフ、お客さん全員に本当に本当にありがとう!!
ここからがまたポメラニアンズの「出発点」になりますので、これからもヨロシクお願いします。
今年の後半もどんなことになるか楽しみでしょうがないや。

話しは変わって
週末はちょこっと代々木公園のアースデイというイベントに遊びに行きました。
土曜日なんかはラブサイケデリコなんかも無料でライブやっていたよ。
世界各国の出店やフリマも所狭しとならんでいて、
一足先に夏フェス気分でした。
そこで発見ポメラニアン!
一緒に写真とっちゃいました。
ポメラニアンズがポメラニアンを抱くの図。
おとなしくてカワイイじゃないですカ〜!!

勇気

終電帰りに雨の中、駅前でタクシーを待つ人たち

一番最後に並んでいるおじいちゃんが

さっきエレベーターで僕に話しかけてきた

ずいぶんよっぱらっていた

大学時代の同窓会帰りなんだとか

71歳も酔っ払ったらこんなもんです

そんな発言がかわいらしかった

気をつけて帰ってくださいね

といったら

日本の若いのも捨てたもんじゃないなあ

といわれた

あのおじいちゃん、無事に帰れたかなあ


代々木公園の桜
今年は花見こそ誘われなかったけれど
個人的な花見はたくさん満喫しました


母と車で夜桜ドライブ@地元の有名な桜通り
今年の桜祭りはどうだったかなあ


六本木ヒルズより
地上と空を一望
地上から見ると粗雑に立ち並ぶビル郡
こうして見ると東京はよく整備された都市に見えるから不思議


浜松町付近
目を凝らすと電通とか見える


月。みえる?
肉眼だとだいぶ大きくみえたのに不思議
写真だと視界が狭まるくせに、異常に細かく見える
錯覚??


このまま大通りをまっすぐ行くと、渋谷にいくんだよ
ほら、大きな建物が見えるでしょ?…大きな?
ここから見ると、渋谷って小さな街なんだね


刻々と表情を変えてゆく町並み


夜は夜で綺麗
肉眼の方がずっと素敵だった

全て携帯電話で撮影しました
視点を変えれば新規にて1円で買ったデジカメです

すごい時代だ!

ブログでは画像を縮小してますが
実際は1200x1600の大きめ画像です

・・・今から写真家めざそうかしら

勇気でしたー

先日、桜の花も散るころ

東京では雨が降りました

僕はここずっと雨のような気持ちでいた気がします

外にでてみると、雨がふっているのに日が差し込んできました

ひゃあ、まぶしい!

雨つぶがしたたって
水たまりがキラキラしました

天気あめに見た太陽は、雲のせいか
ひと筋の光のようにもみえました

東京は今日も雨がふりそうです

また晴れるまで、元気に過ごしていよう

君は元気ですか?

春は物思いにふけるけれど、そんなのも悪くないよね


勇気

今日はポメリハでした。
いつも下北沢の決まったスタジオで練習してるんだけど、
2ヶ月ぶりに入りました。

思い返せば
2月はインストアでツアー。
3月はフルセットでツアー。
俺ら、駆け抜けてきたんだなあ。

新曲のアレンジもこれから本格的に進んでいきます。

さあ、これからまた忙しくなるぞ〜!!
ひきしまってこ!!

ポメのブログは見てるけど、スペ中のHPを見てない人や番組を見てなかった、見れなかった方もいると思ったので、一年間こんな内容をしていたということをみんなに知ってもらいたいのと、番組を通していろんなことを経験させてもらったことに感謝の意を込めて。
ポメのブログにも以前「ミツヨシの熱血」であげましたが、スペ中日誌(スペ中HP)にあげた文を、載せておきたいと、今更ながら、思ったので、アップさしたいと思います。
重複して見る人もいるとは思いますが、流して見てもらえるとありがたいです。
(・・・ここの所の自分を振り返った時に、たくさん思い出したものもあって、自分に対して言い聞かせたかったのもあってね、私事ですんません。
まぁ、スペ中で感じたことも忘れたくないし・笑。
・・・スペ中が終わってしまったことも大きな要因かな。先週のフヌケ具合は。とか言って他の所為にする自分に「喝!」って意味も込めて。)

・・・遅くなりましたが、一年間、本当にありがとうございました!
・・・テレビという、僕にとって初体験で慣れない環境の中でしたが、「何かしなくては・・・。何か面白い事を・・・。」と自分なりに探しては、頭のなかで発言してみて、「この言い回しは違うかも?」だとか、「3番目に指されるかも!?オチを言わなくては・・・」などを思って、あたふたして空回りして、結局、何も発言できない状況のまま、一つの授業が終わってしまい、通信生やスタッフ、番組自体に貢献できているか、逆に考えるとポメラニアンズを宣伝できているのか?っと思ったことが多々ありました。

正直に言うと、一学期は収録の度に、へこんでましたよ(笑)。
みんな、それぞれのキャラクターがあるのに、俺には核となるものがないんじゃないか?「自分自身を探さないといけない」っ的な考えが生まれてきては、自分の性格上、「周りが楽しく過ごせていればそれでいいんじゃないか?」と繰り返し悩んでる間に一学期の終了式があっという間に来てしまい、通信簿をもらうことが、恥ずかしながら、ためらってしまったてたんですよね・・・。

けれど、先生から「失敗をおそれず、前のめりにいこう!!」と言葉をいただいた時、いろんなことに気付かされて、自分の向上する気持ちが湧きだしてきました。

 二学期は自分の軸をしっかりもてるようにと、新たな気持ちで、「最初のインスピレイションを大事にして、自分を出していこう。後は先生がなんとかしてくれる。」っと、自分に言い聞かせ取り組んでいくように心がけて収録に望んでいきました。

 そんな気持ちを抱きながら二学期中盤に入り、スペ中最大のイベント、「学園祭」がまじかに迫って来ると、稽古練習やGLOY(仮)の練習で、みんなと会う機会が自然と増えていって、だんだんスペ中メンバーとの距離が近づいていくのが毎回感じられていき、「初冬ギロッポン」が始まった瞬間には、みんなの息が一つになるのがわかりました。

学園祭をやり終えた時に、これからの自分の在り方を考えてみたんですが、何事にも、みんなと一つのことを創っていくことに、「自分の主張も大事にしなくてはいけない」と改めて考えさせられました(意固地にはならず、周りの考えもきちんと理解するようにしなきゃいけないんですけどね)。

そんな自分の主張をする場所をまた違った形で与えてもらったのが、二学期終了後の「講義」です。

あの時間は僕の中で本当にすばらしい経験ができたと思っていて、自分の好きな事や、音楽への思い、考え方。何かに対して、感じてることを僕から発信すること。

それが出来る空間を作ってもらえて、すごく感謝しています。

あの時の収録をこないだ家で見たんですが「口下手で、すみません」って思ってしまいました(笑)
けれど、伝えようとする気持ちは僕の精一杯だったんです・・・。
いろんな人に支えられてきたから、それに対して答えたいというのがあって、僕なりに表現したかったんですが、もっと喋れるようにならないとダメですね・・・頑張ります!

三学期に入ると、前のめりにいく姿勢が身体に馴染んできました。いい意味で考えなくていられるようになったというか、自然に収録に入れるようになったと思います。

もちろん緊張はするけど、自分の出し方というか、スタンスを保っていられるようになりつつあって、迷うこともあったけど、スペ中始まった頃の迷いとはまったく別物で、「自分本位に解釈することが出来るようになってきたんじゃないかな」と自分を思えて、今後はそれ以上にもっと自分の引き出しを作っていけば、番組に貢献出来てくるんじゃないかなって思っていきました。
そんな矢先に修学旅行ですよ(笑)

いや〜、ヤミ鍋の時、みんなコメントしてたからなぁ。あれは正直できないっすよ。みんなのこと「さすが!」って思っちゃいました(笑)。自分は本当にやばいことになってしまっていて、違うことを考えないと、放送できないことになってたっす。絶対に。

・・・ちょっと話がそれたんですが、三学期は本当に楽しい事ばかりで、収録の度に「あれ?もう帰りの会」って感覚でやれていました。
星ももっと頑張らなきゃいけないと思っていて、ギリギリ入賞できたことがホントにいい思い出になってうれしいかぎりです。

「金の爪楊枝」はまだ使わないつもりなんですよね。「お守り」として肌身離さず大事にしようと思っています。

 いまポメラニアンズは部活動でツアーをしているのですが、いまも「金の爪楊枝」持っています(笑)ちなみに教室の机に引っ掛けていたトートバックも使ってます(楽器の小道具とか入れてる)。部活動を行うための欠かせないものになっちまったっすよ・・・。

 こうやって一年間を振り返ってみたんですが、すごく為になることばかりで、今までにない成長ができたと思います。本当に凝縮された一年間でした(私事ばかりですいません)

音楽をやっている仲間や、タレントとして第一線を頑張っている仲間が、違う形で表現して、勉強できる場所はすごく新鮮で、違う観点からいろんな事を感じ取る心を、持てるようになる学校なんて他には絶対にないと思います。

「未来のアーティストを作る学校」
まさしくスペ中はそんなところで、僕にとって一番の母校になりました。
これから先、僕にも通信生にも、いろんな事が起こっていくと思いますが「永遠の中一」という気持ちを忘れないで、みんなそれぞれの部活動をしていきましょう。

もし、なにか嫌なことや、失敗してしまったことがあったら、スペ中を思い出して、頑張って欲しいものです。スペ中はみんなの心に残っていますよ。
僕からもささやかですが・・・。

・・・失敗したって次がある!
チャンスもいっぱい転がってる!
ただ前を向いてないと拾えないから友に進んでいこう!・・・

「一生中一、スペ中フォーエバーです!!!!!」

長々と筆不精な僕の文でしたが、付き合ってもらってありがとうございました。
これからも「熱血スペシャ中学」の生徒として、誇りをもって、いろんな事に挑戦していきたいと思います。いや、挑戦していきます!
本当に一年間ありがとうございました!

ザッキーです。
ブログ内リリースから一週間たちました。
その間、いろいろ思い悩んだり、行き詰ったり。
そしていろんな人と話したり言葉を交わしたり。
そして沢山のコメントもありがと。嬉しかった。
 
「僕がいいと思うことに、同意してほしい。
   君が聴いてくれてるから、僕は歌えるんだ。」
そこが一番基本なのかなと思いました。
「音楽ってほんとに楽しいんだよ」って事を共感しあえたから
ポメっていいねって思ってもらえるのだろうし。
 
当初は歌詞を変えないつもりでした。それは自分がいろいろ思い悩んだ証だからと思うようにしていました。
でも、何故僕が歌を歌うのかって事をいろいろ考えて話したりするうちに、自分の音楽に対する根本的なスタンスを見失ってた事に気付かされた。いろんな焦りとかもあって、もう何が何だかわからない状態から、ようやく光が見えたような気がしてる。この数日間、自分のスタンスも定まらないまま曖昧な態度しか取れなかったことを、とても情けなく思います。
 
エゾで「カワタレボシ」を歌う時に心からそう思ったはずだったのに、どこでどう寄り道しちゃったんだろね。
 
このままじゃこの曲はちゃんと歌えない。
そう思ったから何度も歌詞を書き直した。
で、ようやく自分の納得のいく言葉にできたから、
歌詞の改定版を再度UPしました。サウンドは同じです。
 
これが僕の今の答えです。
http://blog.eplus.co.jp/pomeranians/2006-03-28-2
http://www.pomeranians.jp/pome-demo.htm
 
もうきっと歌詞の変更はありません。
もうここで迷うことは、この曲がある限りないと思う。
これ以上歌詞を変えると、もうそれこそ虎武竜のロードになっちゃうので。13章は無理っす。
 
僕の話を聞いてくれて、そして沢山の言葉を下さった皆様、
本当にありがとう。本当に感謝しています。
この曲を早く皆の前で演奏したい。今はそれが望み。
 
※なおページを開いて「改訂版」となっていない場合はキャッシュが残っています。ブラウザの「更新」をクリックして下さい。

じつは僕は千葉県の松戸市というところに住んでます。
リハや仕事なんかで下北沢や渋谷をしょっちゅう歩き回っているのですが。
電車で片道1時間20分程度かかってしまうのね。
中学時代から目黒の学校に1時間半かけて通っていた僕にとっては大して苦痛ではないのだけど。

近頃電車での暇つぶしに読書、ハマッてます。
以前はもっぱら音楽ばかり聴いていたのだけど。
乗り換えが多めなので、手軽に読める短編集やエッセイを中心に。
最近だと筒井康隆の「笑うな」という短編集を読んでました。
この人、何回人生経験したんだろうか?
って思えるくらい創造性とバリエーションに富んでいて全く飽きがこない。
テーマごとに、視点や言い回しが全く違うので感心してしまう。

先日借してもらったリリー・フランキーの「女子の生きざま」も面白かったな。
女性のことを分かっている様でいて、男のエゴイズムを感じる独特なバランス感覚が病み付きになります。

電車の中でのちっちゃなトリップ、たまにはいいかもよ?
オススメです☆

みんなは電車での暇つぶし、どうしてますか?
オススメがあったら聞かせてね。
勇気でしたー。

『今僕らが何を思って音楽をしてるのかって事を、
  みんなにダイレクトに伝えたかったから。
    そんな想いがあっての緊急ブログ内リリース。』
 
ここ最近、ポメンバー1人1人がいろいろ悩んだり、
考えたりしてる。僕らが考えてたのはこんなこと。
 
「何が良い事で何が悪い事かがちょっとわからなくなって、今僕に残されたものは一体何だろう?って最近よく考えてる。
 
真面目に考えれば考えるほどがんじがらめになって、いっそ何も考えないで世界に乗っかれば楽なんだろうけど。
 
自分の意思をしっかり持とう持とうとする程、自分にとって正しいことの信憑性みたいなものに自信がなくなってく。」
 
今一番の願いは、健やかに音楽を演奏したいってこと。
 
僕らも皆と同じようにいろいろ悩んで生きてる。
これからも沢山悩んだり何かに気付いたりしながら、
ちょっとずつちょっとずつ前に進んでいくんだろうね。
そしてそんな僕らを自分の大事な人達が認めてくれて、
またちょっとまたちょっと救われた気持ちになるんだろうね。
 
そんな気持ちをなんだか大事にしたいなぁと思ってさ。
この「いまひとり いまふたり」はそんな曲です。
 
今僕らが何を思って音楽をしてるのかって事をダイレクトに伝えたかったから、文章ではなく僕らの本業の音楽に乗せて思ったことをそのまま形にしてみたよ。
そこで今回はブログ上で緊急リリースという形をとりました。
 
出来立てホヤホヤのDEMOなので、荒かったり長かったりしますが、ここからまたバンドのアレンジが入って、ライブで何度も演奏されて曲がどんどん成長していくんだよ。
今回はそんな曲ってヤツが生まれた瞬間の状態をみんなに聴いてもらえたらなとも思っての緊急ブログ内リリースです。
なんだろね?「ブログシングル」とでも言うの?
 
とにかく今回、僕らのわがままを聞いてくれたジャーマネや関係者の皆様、ほんとにありがとうございました。
なお4.21渋谷クアトロまでの期間限定リリースとします。
あと直リンクしないで、ここから入って聴いてみてください。
http://www.pomeranians.jp/pome-demo.htm
 
POMERANIANS一同

※歌詞を修正しました。当初は変えないつもりでしたが、あまりに思慮が足りなかったなと思い悩んだ末の決断です。これが僕の今後のスタンスになると思います。2006.04.04.
なおページを開いて「改訂版」となっていない場合はブラウザの更新をクリックして下さい。

 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。